アーロン・カーター「ストーカー女に殺されそうで怖い!」 訴える意思を明かす

この記事をシェアする
「証拠を集めて訴える!」
「証拠を集めて訴える!」

バイセクシュアル宣言や激ヤセ、「俺はマイケル・ジャクソンからバトンタッチされた身」などという発言で世間を騒がせてきたアーロン・カーター(31)が、このほどTwitterを更新。今度は「ストーカーに狙われている!」「命の危険に怯えているんだ」などと書き込み、ファンを驚かせた。



アーロン・カーターが自身のTwitterに書きこんだ内容は、以下の通りである。

「君は大きなミスをおかしたね。俺をつけまわし、俺の車に傷をつけるだなんて。警察が介入しているぞ。ストーカーの行き過ぎた行為があったんだ。このストーカー女を俺は訴える。誰なのかも明かしてやる。俺は命の危険に怯えているんだ。」

「この人物は、2年ものあいだ俺をつけまわしてきたんだ。普通の状態じゃない。俺に対しストーカー行為を続け、コンサートにもやってくる。本当に殺されそうで怖いんだ。」

「今の俺達は、証拠をかき集めているところだ。カメラにうつっている彼女の姿もね。これから届を出して、保護命令を出してもらうつもりだ。彼女の身元を明かして、懲罰的損害賠償を求めて訴えを起こすよ。」

「身元を明かしてやる」「殺されそう」と何度も書きこんだアーロンは、最悪の事態も想定しTwitterで牽制しているようだ。これらツイートを読んだファンからも「セキュリティの強化を」「どうか気を付けて」というコメントが続々と書きこまれている。

ストーキング行為を含め、違法だと思う行為は絶対に伏せていてはいけない。記録できるものは全て記録し、相手の名前、所在地、いつどこで何が起こったのか等を必ず詳しく記録し、警察に相談するに限る。ちなみに日本でも警視庁のHPにストーカー規制法に関する詳しい情報が載っている。防犯の心構えについても確認できるため、気になることがある方は是非ご確認することをお勧めしたい。



参照:『Twitter』AARON CARTER

画像:『Instagram』aaroncarter

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>アーロン・カーター、恋人の妊娠を示唆し今さら撤回 ファンも「は?」
「僕にもっとリスペクトを」Twitterでスネたアーロン・カーターをジャスティンが…?
アーロン・カーター ヒラリー騒動・激ヤセ・バイセクシュアル宣言を経て新恋人が妊娠?
メーガン妃の異母姉がストーカーまがい 「英王室と妹に真実を知ってほしい」
パリス・ヒルトンの弟が半裸で元カノ邸を訪問 接近禁止命令も

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan