スロベニアの50代下院議員がサンドイッチ万引きで辞任 言い訳タラタラ

この記事をシェアする
スロベニアの50代下院議員がサンドイッチ万引きで辞任
スロベニアの50代下院議員がサンドイッチ万引きで辞任

いかにも人格者といった雰囲気が漂うスロベニアの50代の議員が、思わぬ理由から失脚した。サンドイッチの万引きというあまりにも情けない辞任理由は国民の間にも大きな波紋を広げている。



なんと情けないと世界中に話題が拡散しているのは、マリヤン・シャレツ(Marjan Sarec)氏率いるスロベニアの中道左派「マリアン・シャレツ・リスト(LMS)」党の下院(国民議会)議員であったダリジ・クレイチェック(Darij Krajcic=54)。首都リュブリャナのある商店で最近サンドイッチを盗んでいたといい、その罪を認めて政治家の職を辞任した。

『ユーロニュース(Euronews)』はこの事件に関し、クレイチェックがこのような発言をしていたことを報じている。

「レジに並ぶも、店員に全然気づいてもらえなかった。お腹はどんどん空いてくるし時間はないしで、空気か何かのようにぞんざいに扱われていることに腹が立ってきた。」

「もしもこれを持ち逃げしたら万引き防止の装置は働くのだろうか、従業員も気づいていないようだし自分で実験してみようと考え、わざとゆっくりと歩いて店を出てみた。」

そして同僚議員に「あの店で万引きを試してみたら可能だった」などと説明したクレイチェック。明らかに違法行為であるため、同僚はLMSの党下院議員長であるブラン・ゴルボビッチ(Brane Golubovic)氏にそのことを通報した。そこで同氏がクレイチェックを強く非難し、議員を辞職するよう促したという。

9月に当選したばかりで国会議員として有意義な実績を何も残していないクレイチェック。「時間を巻き戻すことができるなら、私は絶対にあんなバカげたことはしなかったはずです。私にセカンドチャンスを与えていただけるのであれば、二度と悪いことはしないと誓います」などと後悔や反省を口にしているという。

数百円の食料品を万引きしてしまう50代の男を政治家に選び、「先生」と呼んで特別な敬意を払ってきた国民たち。彼らの怒りは非常に大きいであろう。



参照および画像引用:『FOX NEWS』Slovenian politician steps down after shoplifting sandwich(Photo:LMŠ)

※ 記事中クレイジックとなっていた部分を現地の言語に近いクレイチェックと修正いたしました。謹んでお詫び申し上げます。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>現金輸送車から6000万円分の紙幣が転がり落ち、風に舞う 拾って逃げる後続車たち
<米>郵便配達員、数千点の郵便物を捨てたままドロン 空白の期間にナニが…!?
どういう庶務を…米・保安官事務所でトイレットペーパー24,000ロールを購入
バンク・オブ・アメリカATM大混乱 約2時間10ドル札の代わりに100ドル札を出す!
<香港>「自分は神」仮想コイン業者の24歳ミリオネア、ビル屋上から大量の紙幣をバラまき逮捕

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan