ライアン・レイノルズ「キャンプ中に熊がテントに!」 咄嗟にナイフを取り出した恐怖体験

この記事をシェアする
思わず「ギャー!」と叫んだというライアン。
思わず「ギャー!」と叫んだというライアン。

米女優ブレイク・ライブリー(31)の夫で映画『デッドプール』シリーズなどで知られるカナダ出身の俳優ライアン・レイノルズ(42)が、かつて思わず「キャー!」と絶叫したという恐怖体験を告白 - キャンプ中だったという若き日のライアンと友人は、夜中にテントの外から聞こえてきた音に怯え震え上がったというが、それも当然のこと。なんとそこに現れたのは、熊だったというのだ。



このほどライアン・レイノルズが『USA TODAY』の取材に応じ、カナダにあるガリバルディ州立公園にてテントで眠った晩を回顧。10代だったライアンと友人は、熊がテントのすぐ外でもの凄い音を立てたため目を覚まし、恐怖のあまり絶叫したという。

「そうなんだ。当然のことながらパニック状態になってしまってね。」

「これはかなりヤバい」と思ったライアンは、咄嗟に折り畳み式のナイフを取り出したとのこと。熊との対決に備えての準備かと思いきや…。

「違うよ。必要とあらば、ナイフでテントに穴をあけて(熊がいない)方に向けて脱出しようと思ったんだ。」

しかしライアンらの叫び声があまりにも凄まじく、驚いた熊はその場から去って行ったという。その後、グループのリーダーが熊の残した形跡を確認し、恐怖に震えあがったライアンたちに意外な話をしたという。

「熊の赤ちゃんだったみたい。テントに背中をこすりつけてイタズラしていたみたいだね。」
「熊ちゃんに悪気はなかったんだろう。俺達の様子を見ていたんだろうね。でもそういう場合には逃げなきゃ。母親熊が近くに来るって兆候だからね。」

暗がりの中から聞こえる音の主が、巨大で獰猛な熊に違いないと思ったのであろう。思いっきり「キャー」「イヤー!」と叫んだライアンもリーダーの見解に別の意味で驚いただろうが、凶暴化した母親熊に襲われなかったのは何よりであった。



参照:『USA TODAY』Ryan Reynolds reveals his true, terrifying bear encounter: ‘We screamed bloody murder’

画像:『Instagram』vancityreynolds

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ライアン・レイノルズの投稿にファンほっこり 「元恋人よ、97歳の誕生日おめでとう」
ライアン・レイノルズの爆笑写真 意外な交友関係に「羨ましい!」という声
女優ブレイク・ライブリー、気取らない面がファンに大ウケ オモシロ写真も好評
ブレイク・ライブリー、31歳に 「誕生日には食べる!」
ブレイク・ライブリーはゴージャスな指輪が大好き インスタグラムに女性ファン釘付け

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan