タイ・プーケット発離島めぐりツアーで事故 スピードボートがタンカーに突っ込む

この記事をシェアする
タイ・プーケット発の人気の離島めぐりツアーで事故
タイ・プーケット発の人気の離島めぐりツアーで事故

タイの有名なビーチリゾートであるプーケットを訪れていた中国人観光客が、スピードボートによる離島めぐりのツアーで事故に見舞われたもよう。多数の怪我人が出たことが伝えられた。



事故が起きたのは9日、小型の石油タンカーがあるヨットに燃料となるオイルを補給していたところ、スピードボートがそれに正面衝突したという。 『The Thaiger』が報じたところによると、プーケット警察は「事故の原因としてスピードボートのエンジンあるいはスピード制御装置の故障が考えられる」と発表している。

スピードボートの乗客は全員中国からの観光客で11名。この事故で2人の子供と1人の妊婦を含む全員が負傷したが、幸いにも深刻な怪我を負った者はいないという。当時スピードボートの舵を握っていたのが船長でなかったこともわかっており、その理由についても調査が行われているもようだ。

プーケット島沖では昨年7月5日にも遊覧船による沈没事故が起きていた。悪天候につきキャンセルするよう警告されていたにもかかわらず海に出て47人の中国人観光客が死亡。その後に何千人もの中国人旅行者がプーケットへの旅行をキャンセルし、タイ観光省を痛烈に非難したが、主催したのは中国の旅行会社でボートも中国人が所有するものであった。沈んだ船は昨年11月に約3.7kmの沖合で引き揚げられている。



参照および画像引用:『shanghaiist』11 Chinese tourists injured in speed boat collision off Phuket

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
レオナルド・ディカプリオ、19年ぶりに映画『ザ・ビーチ』を撮影したタイの秘島「ピピ」へ
<世界旅紀行>『カオラック』その1 ヨーロピアンが愛するタイの美しいビーチリゾート
中国で復元される「タイタニック号」 2022年にドバイから処女航海へ
米・カリブ海クルーズ豪華客船でパニック 船体が傾き床には飲食物が散乱
クローン人間? “若き日のレオナルド・ディカプリオ”と呼ばれるモデルに仰天

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan