ジョージ・クルーニー 「メーガン妃は故ダイアナ妃のよう…歴史は繰り返す」

この記事をシェアする
連日タブロイドの報道ネタになっているメーガン妃。
連日タブロイドの報道ネタになっているメーガン妃。

ヘンリー王子との熱愛発覚以降、メディアにたびたび取り上げられてきたメーガン妃。とりわけメーガン妃を中傷する報道、実父と異母きょうだいの言動や暴露行為に注目が集まるなか、王子と妃の挙式にも出席した俳優ジョージ・クルーニーが「メーガン妃が追われる様子を見るだけで苛立つ」「まるで亡くなったダイアナ妃のようだ」と述べ話題になっている。



このほど、ヘンリー王子夫妻と親しいジョージ・クルーニーが映画関係のイベントにて英『Press Association(PA)』の取材を承諾。その際にメーガン妃関連の報道に触れ、こう思いを打ち明けた。

「メーガン妃は追いかけられ、中傷されている。」
「(その様子を)見ているだけで、どんなに苛々するか。言葉では表現もできないほどだよ。」
妊娠7か月の女性だというのに、あんな風に追われ、けなされるだなんて。まるで(ヘンリー王子の亡き母)ダイアナ妃のようだ。まさに“歴史は繰り返す”という感じだ。その結果どうなったか、みんな知っているというのに。」

ちなみにダイアナ妃は1997年にフランスで交際していた男性と車に乗り込み、それに気づいたパパラッチに追跡されるはめに - 運転手は彼らから離れるべくスピードをあげ、結果トンネル内で中央分離帯のコンクリートに衝突し、ダイアナ妃は命を落とした

生前のダイアナ妃。
生前のダイアナ妃。

また最近ではメーガン妃の実父が「娘から送られてきた手紙です」とメディアに内容を公表し大騒動となったが、それにつきジョージは妃を思いやってか妃の父を批判することを避け、メディアに言及 - 「これは酷い仕打ちだし無責任だ。(報道に)驚いたね」と述べている。

ヘンリー王子と結婚するため、女優という天職を捨て母国アメリカから英王室に飛び込んだメーガン妃。その重圧だけでも大変であろうに、実父・異母姉らがメディアに登場し、夫妻につきネガティブな印象しか残さぬ発言を繰り返してきた。その結果メディアにさらに注目され困惑しているに違いないメーガン妃を、ジョージは大変気の毒に思っているようだ。

笑顔で少年と握手するメーガン妃。
笑顔で少年と握手するメーガン妃。

とても辛い思いをしながらも引きこもらず、人々に明るく接しているメーガン妃。側で見守るヘンリー王子も、大変心苦しく悔しい思いをしているに違いない



参照:『CNN』Meghan is ‘vilified’ in media like Princess Diana, George Clooney says

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃の父がまた大暴走 妃から送られた手紙の内容を公表し、反論・釈明
メーガン妃を友人達数名が擁護 実父・異母きょうだい批判も
ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」
メーガン妃の妊娠発表は「時期が悪かった」と故M・ジャクソンの元ボディガード
メーガン妃「太っちょレディー」と呼ばれる映像にネット激震

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan