セレーナ・ゴメス、腎臓移植後のトラブルを克服 結婚が近い友人らと笑顔!

この記事をシェアする
ずいぶん元気そうに!
ずいぶん元気そうに!

2017年に「友人に腎臓を提供してもらい移植手術を受けました」と公表し、順調な回復ぶりでファンを喜ばせたセレーナ・ゴメス(26)。しかし昨年はまたしても体調を崩し、入院生活を余儀なくされたとのこと。一度はパニック状態に陥り点滴の針を引き抜こうとして暴れ、精神面のケアが可能な施設への入所も余儀なくされた。さらに何年ものあいだオンとオフを繰り返していたジャスティン・ビーバー(24)とヘイリー・ボールドウィン(22)の婚約・結婚が報じられ「ずいぶんショックを受けていた」と言われているが、しばしの治療を経て施設を後にしたセレーナに、こんなにも素敵な笑顔が戻っている。



このほどセレーナ・ゴメスがインスタグラムを更新し、数枚の写真をアップ。そこにこのように書きこんだ。

素敵な笑顔のセレーナ。
素敵な笑顔のセレーナ。

「親友が、結婚するの。だからお祝いしたのよ! 未来のミセス・ロペスよ。」

手術後にTVインタビューに応じた頃のセレーナは痩せ細り、ずいぶん弱々しくも見え「大丈夫なの?」という声もずいぶん多くあがった。しかし最近は心身ともに調子は良いと言われており、笑顔も明るくとても美しい。

楽しそうなセレーナ。
楽しそうなセレーナ。

ジャスティン・ビーバーも既婚者となり、そして親友のひとりもじきにゴールイン - さすがに焦りもあるのではないかと心配する声もあるが、今はとても前向きで体調管理にも余念がないのだそう。これからはこの笑顔がずっと続くよう、「どうか焦る事なく何よりも体調管理を優先してほしい」と多くのファンが彼女を応援している。



参照:『billboard』Selena Gomez Celebrates Her Best Friend’s Upcoming Wedding With a Day at the Beach: See Pics

参照および画像引用:『Instagram』selenagomez

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレーナが病気と精神的問題に苦しむなか、ジャスティンは罪悪感に苛まれるように
ジャスティンの元カノと噂されるモデル イケメン俳優と同棲開始
“俺様系”ジャスティンにムッ マリリン・マンソンら大先輩の苦言をおさらい
セレーナ・ゴメス、ふっくらして元気そうに! 雪遊びに続きハイキングも
ヘイリー・ボールドウィン、セレーナファンのインスタをうっかりフォロー

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan