メタルの帝王オジー・オズボーン 「ICUを出て自分で呼吸しています」と妻が公表

この記事をシェアする
「He’s breathing on his own」と妻シャロン。頑張れ、オジー!
「He’s breathing on his own」と妻シャロン。頑張れ、オジー!

インフルエンザにかかり、さらには合併症ゆえに重症化し集中治療室でケアを受けていたメタルの帝王ことオジー・オズボーン(70)。昨年には指に深刻な感染症を起こしやはり入院、手術を受けた彼は「めっちゃ危険だったのに、自分じゃ気付かなかったぜ」「(医師団は感染症の原因を)マニキュアだと思ってるんだ」などと明かし変わらぬワイルドさを猛アピールしていたが、今回はさすがに少々気落ちしているようだ。



体調を崩しまたしても入院を余儀なくされ、「インフルエンザの合併症」との診断を受けて集中治療室で医師団のケアを受けていたオジー・オズボーン。年齢が年齢だけに、また昨年の入院騒ぎからまだ数か月しか経っていないだけに家族・関係者は大変心配したに違いないが、順調に回復しているようだ。このほど彼の妻シャロン・オズボーン(66)がTV番組『The Talk』に出演し、気になるオジーの様子につきこう述べた。

「大丈夫よ。」
「集中治療室から出て、自分で息もしているの。」

回復に向かっているとはいえ、「自分で息もしている」ということはすなわち「自力での呼吸がしばらくは極めて困難だった」ということだろう。集中治療室に入るほど状態が悪かったという点も、大変気がかりである。本人もファンの応援に励まされ感謝しつつ、少々落ち込んでいるとのこと - ここはしっかりと静養し、また元気になって活動を再開していただきたい。



参照:『Page Six』Ozzy Osbourne is out of the ICU

画像:『Instagram』ozzyosbourne

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
“メタルの帝王”オジー・オズボーンのハチャメチャライフ 感染症の原因も判明か
オジー・オズボーン深刻な感染症で右手を手術 コンサートも延期に
オズボーン夫妻、壮絶夫婦喧嘩では歯を折り頭髪を掴んで「おりゃ~」
女優ケイト・ベッキンセールが卵巣嚢腫破裂で入院 「痛いの」と写真を公開
『フレンズ』俳優マシュー・ペリーが腹部の手術 「入院すでに3か月」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan