ジャスティン・ビーバーもケイティ・ペリーも 「日本大好き!」なセレブ達

この記事をシェアする
「俺は日本に行くのが好き」
「俺は日本に行くのが好き」

「アメリカが素敵」「いやイギリスが良い」という声を日本でよく聞くが、海外で長く暮らすと逆に「日本って良いな」と思うことがとても多い。また最近では日本発のアニメ、映画なども海外に進出し人気を博していることもあり「日本は素敵」「日本人に憧れる」という人が増え、人気セレブ達にもそう公言する人達が増えてきた。今日はうち数名の親日家をピックアップし、まとめてご紹介したい。



■ アヴリル・ラヴィーン
「Hello Kitty」なる楽曲のミュージックビデオが話題になるも、「日本文化の表現が人種差別的」と痛烈な批判を受けたアヴリル。しかし彼女は昔から親日家で、たびたび来日。本人も思いもよらぬバッシングを受けて「人種差別主義者ですって? 笑っちゃう。私は日本の文化を愛しているし、日本で過ごす時間がすごく長いんだから」とツイートし話題になった。

■ ジャスティン・ビーバー
過去に、ファンのひとりから「どこに旅をするのが好きですか」と問われたジャスティンは「日本だよ」と即答。「ねえ、君は日本に行ったことある?」と逆に問いかけファンを驚かせたジャスティンは、過去には元恋人ソフィア・リッチーを連れての来日も話題になった。

■ レディー・ガガ
「好きな場所は東京なの」というガガだが、単なるリップサービスではないもよう。ガガは体に多数のタトゥーを彫っているが、その中には「TOKYO LOVE」というタトゥーも含まれている。

■ ケイティ・ペリー
過去に芸者姿でステージに立ったがために、海外では「人種差別的」と批判されたケイティ。しかしケイティはかねてより日本が好きで、そのきっかけについては「実家で日本人留学生を受け入れていたから」と告白済みだ。その後日本に対する憧れが募り、過去には以下のように発言し話題になったことがある。

「日本人に夢中なの。日本人の全てが大好きよ、人として素晴らしいもの。」

また過去にジョン・メイヤーと交際していたケイティだが、ジョンも大の親日家。ジョンは日本で暮らした経験もあることから日本語を少し話す事ができ、過去には交際していたジェシカ・シンプソンにつき、日本語でこう語ったことがある。

「ジェシカはとても素敵な女性で、一緒にいられて最高です。」

日本に夢中のケイティにとり、日本語も少し話せるジョンはとてもカッコいい存在だったに違いない。



画像:『Facebook』Justin Bieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アヴリル・ラヴィーン ライム病で死を意識「2年間も寝たきりだった」
ダニエル・ラドクリフの本音 「日本のファンは超最高」
ジャスティン・ビーバー妻の俳優パパ 「ジャスティンと俺はデカいガキなのさ!」
ヒュー・ジャックマンは親日家 でも過去には“丸出し”赤面ハプニングも…
<動画>ケイティ・ペリーがコンテスタントの唇を奪った“逆セクハラ”

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan