『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック 日本での反響を回顧し感謝

この記事をシェアする
ラミ「日本では皆さんが歌ってくれた!」
ラミ「日本では皆さんが歌ってくれた!」

映画『ボヘミアン・ラプソディ』で故フレディ・マーキュリーを演じ、一躍世界のトップスターとなった俳優ラミ・マレック(37)。実際にはその前にいくつもの作品に登場し、ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でも主演し大変高い評価を受けていたのだが、ラミ本人は映画での演技を高く評価されたこと、そして日本を含む各国での大反響に、とても驚いたようだ。



このほど英ロンドンにて開催された『EE British Academy Film Awards』授賞式に、ラミ・マレックが登場。レッドカーペットに立ちインタビューを受け、このように心境を語った。

「ここに来るとき、考えていたんです。このような式に将来出席できるだなんて昔の僕が知ったら、どう思っただろうって…。昨晩、僕達はケンジントン宮殿に行ったのです。こんな事が起きるだなんて、思いもしないことです。」

これもフレディ・マーキュリーのおかげだと語ったラミは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のプロモーションで様々な場所を訪れ、フレディの偉大さに改めて驚いたという。

「彼は至る所で今もビッグスターなんです。この作品のプロモーションで世界中を回りました。日本で上映会が行われた時、皆さんが『Live Aid』コンサートの楽曲を歌ってくださいました。Q&Aセッションでは通訳さんも必要でしたが、みなさん、全ての曲の歌詞を完全に知っておられたのです。」
「フレディは、まさにみんなのフレディなんだ - そういうことです。」

とても謙虚で、映画の成功を語る際はフレディ、クイーン、そして関係者への感謝の言葉を繰り返してきたラミ。しかし実際にはフレディ役のオファーが確定する前、つまり「ラミを起用するかも」という段階で役作りを始めていたといい、キャストも彼の熱心な仕事ぶりにはとても驚いたという。ひたすら感謝し決して驕らないラミだが、彼の素晴らしい演技があってこその成功であったことも間違いない。



動画:『Instagram』bohemianrhapsodymovie

参照:『FEMALE FIRST』Rami Malek never thought he’d be famous

画像:『Instagram』bohemianrhapsodymovie

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック 解雇された監督との仕事は「不愉快だった」
『ボヘミアン・ラプソディ』俳優ラミ・マレック “10代の頃の写真”を公開され大炎上
『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレックの謙虚さに拍手 授賞式スピーチが話題に
ラミ・マレック“無視騒動”のニコール・キッドマン 「ビックリよ、大好きだもの」
『ボヘミアン・ラプソディ』主演俳優ラミ・マレック 撮影裏話や義歯の今を明かす

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan