メーガン妃を友人達数名が擁護 実父・異母きょうだい批判も

この記事をシェアする
メーガン妃を友人達が擁護。
メーガン妃を友人達が擁護。

キャサリン妃と不仲である」「傲慢で英王室の伝統を重んじない」「スタッフに対し要求があまりにも多い」など、決して素晴らしいとは言い難い噂を次々と流されてきたメーガン妃。そんな中、母と離婚した父、異母姉などもメーガン妃につき好き勝手話しておりメーガン妃も大変困惑しているとされる中、親しくしてきたという友人達が米メディアの取材に匿名で応じ、“真相”を語った。



このほどメーガン妃の友人たちが『PEOPLE』の取材を受け、匿名で以下のように主張した。

■ メーガン妃は、黙って嘘の垂れ流しに耐えている
■ 友人達は、騒動がメーガン妃とお腹の赤ちゃんに与える影響を懸念している
■ 妊娠中の妃にこのようなトラウマを植え付けるのは、誤った行為である
■ メーガン妃は毎日自分と夫ヘンリー王子のため料理をしている。思い込みと現実にはギャップがある
■ 友人が訪問するとせっせともてなしてくれる
■ ペットの世話も自分でしている
■ 昔から面倒見が良い
■ 異母きょうだいと不和になったように報じられているが、事実ではない(そもそも妃が生まれたころ異母きょうだいはすでに大きく、妃の人生に関ってはいなかった)
■ メーガン妃の父は、娘と連絡する術を知っている。にも関わらず電話もせず、テキストメッセージも送っていない
■ メーガン妃は人の話をよく聞き、情熱を持って仕事をしている
■ メーガン妃は友人の子ども達に対しても真摯に接するようなタイプで、その点も以前と同じ
■ いつもアドバイスをしてくれる優しい性格である
■ 常に友人や友人の子ども達の様子を気にかけている

これら新証言の内容を知り、メーガン妃の異母きょうだい、とりわけ異母姉サマンサさんは怒り心頭であろう。またメーガン妃の実父も「エリザベス女王に介入していただき、関係修復を手伝ってほしい」「毎日メーガンにテキストメッセージを送っていますが、無視されているんです」と話していただけに、これを知って黙っておく可能性は低いのではないだろうか。

実際に何が事実なのかは不明だが、メーガン妃が友人達から信頼され愛されている事は間違いないようだ。



参照:『PEOPLE』Meghan Markle’s Best Friends Break Their Silence: ‘We Want to Speak the Truth’

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ
メーガン妃「太っちょレディー」と呼ばれる映像にネット激震
メーガン妃、「妊婦腹を触り過ぎ」批判に米大手メディアは「触ったらダメなのか!」
メーガン妃の異母姉がまたやった! 妃に宛てたクリスマスカードをメディアに公開
ヘンリー王子 母を亡くした6歳児を励ます 「僕をごらん、君も大丈夫」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan