シンディ・クロフォードの長女 衝撃的な激ヤセ進行で摂食障害を心配する声も

この記事をシェアする
ずいぶん細くなったカイア。
ずいぶん細くなったカイア。

ここ数年の間に以前から細かった体がますます痩せ、多くのファンに「顔色がずいぶん悪い!」「骨と皮のような体になっているけれど、大丈夫なの?」と心配されているモデルのカイア・ガーバー(17)。元祖スーパーモデルの母シンディ・クロフォード(52)に追いつけ追い越せと自らを奮い立たせ頑張ってきたのだろうが、最近ではあまりにも細すぎるため、ティーンらしい輝きが失せかけているという声も少なくない。



どんどん若手モデルが登場しトップの座を巡り競い合う熾烈な競争社会に飛びこみ、おそらくは大変なプレッシャーに常に晒されているカイア・ガーバー。数年前にはそんな彼女に対するアドバイスとして、母シンディ・クロフォードがこう語り話題になっていた。

「最近のモデルは、すごく細くあることを期待されるでしょ。だから心配なの。私自身、生まれつき細身っていう体質じゃないのよ。娘カイアもそうだと思う。だからこう言いたいわ。今のうちに炭水化物もしっかり摂取しておくのよってね。」

顔色の悪さを心配する声も…。
顔色の悪さを心配する声も…。

しかしカイアも多くのモデルと同じ様に、ダイエットしなくてはというプレッシャーと闘っているもよう。しばらく前にはついに「摂食障害なのではないか」という噂も浮上し始めた。

全く贅肉のないカイア。
全く贅肉のないカイア。

太っていてはトップモデルとしての座をキープできないとはいえ、健康が何よりも大事であることは言うまでもない。この激ヤセについては母シンディに対しても「ちゃんと健康管理をしてあげて」「もっと娘に食べさせて」という声が多くあがっているが、特に1枚目の写真を見る限り、「痩せすぎ」という事実は今のところ覆せそうにない。体力が落ちることのないよう、そして病気にならぬよう、家族や関係者がしっかりと見守っていることを願いたい。



画像:『Instagram』kaiagerber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバー激ヤセ “新妻”ヘイリーらとランチに行くもゲッソリ
痩せゆくセリーヌ・ディオン 細すぎるという声に「ほっといてよ!」
ベラ・ハディッドの衝撃的な激痩せ進行に驚きの声が噴出
マーサ・ハント「ヴィクシーショー」の準備中 出演者らは減量や脱毛も
ジジ・ハディッドの苦悩 「痩せすぎと言わないで! 私だって少しは太りたい」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan