リーアム・ニーソンに、復讐心に燃えた過去 「こん棒を持ち歩き機会を待った」

この記事をシェアする
リーアムに、怒りに震えた過去。
リーアムに、怒りに震えた過去。

映画『シンドラーのリスト』『96時間』シリーズなどで知られる俳優リーアム・ニーソン(66)に、怒りにまかせて大変なことをしかけた過去があるという。映画で演じてきた多くのキャラクターゆえに冷静沈着なタイプに見えるリーアムも、とんでもない事をしでかす寸前だったというから驚きだ。



このほど、新作映画『Cold Pursuit(原題)』のプロモーションのためリーアム・ニーソンが『The Independent』のインタビューを承諾。復讐に走る主人公と自身の経験を絡め、数十年前に親しい友人から「黒人男性に強姦された」と打ち明けられたこと、犯人が誰かは女性にも分からなかったもののリーアムは何日もこん棒を持ち歩き、「バーの外をうろついては黒人男性が近づくのを待っていた」と明かした。

というのも当時のリーアムは、「自分に近寄ってくる黒人を殺したい」「復讐してやりたい」と考えていたのだそう。相手が誰なのかも分からず“肌の色”だけを頼りに復讐心に燃えていたというが、今となっては「酷い行いだった」「復讐は何の答えにもならない」としっかり理解しているとのこと。また復讐には至らなかった事も明かしているが、これを知った多くのファンは、人気サイト『TMZ』のコメント欄に以下のようなコメントを多数書き込んでいる。

「相手が白人だったらどうする気だったのか。」
「肌の色は関係ないと学ばなかったのだろうか。」
「こんな話、しなきゃ良かったのに。」

また映画を宣伝するための“ハッタリ”だろうという声もあるが、真相は不明である。ちなみに今回の肌の色をあえて交えての告白だが、多くの人達にとって不愉快だったはずだ。様々な国からやってきた人々が暮らすアメリカでも、人種差別は今もなお決して珍しい事ではない。



参照:『TMZ』Liam Neeson Says He Wanted to Kill ‘Black Bastard’ After Friend Was Raped

画像:『Facebook』A Walk Among the Tombstones

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ケイティ・パイパー「命があることに感謝」 アシッドアタック以降を写真で回顧
リーアム・ニーソンの甥っ子 5年前に頭部に重傷を負いついに死去
クリス・ブラウン、逮捕を経て猛反撃へ 強姦主張の女性を提訴
ジャスティン・ビーバーら、性的暴行容疑で逮捕されたクリス・ブラウンを見捨てず
最低上司をリベンジで失脚へ 清々しい映画『ワーキング・ガール』

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan