『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック 解雇された監督との仕事は「不愉快だった」

この記事をシェアする
ラミ・マレック、騒動に言及。
ラミ・マレック、騒動に言及。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のメガホンをとっていたものの、撮影終了を控えた時期に解雇されたブライアン・シンガー監督。同監督については複数の男性に対する性的暴行疑惑が浮上し大スキャンダルになったが、これまで監督につき多くを語らずにいた同映画の主演俳優ラミ・マレックが、ようやく重い口を開いた。



ブライアン・シンガー監督については、よく知らなかったんだ。それにこういう騒動についても、正直な話、気付いてもいなかった。だけど全てを乗り越えて、僕達はちゃんと目的を達成する方法を見つけた - そういう事だと思うね。

そう語るにとどめていたラミ・マレックが、このほどサンタバーバラ国際映画祭に登場。そこで渦中のシンガー監督につきこう述べた。

「僕が聞いた事を経験した方に、同情します。」
「辛かったでしょうに…。」
「ブライアンと働いた経験は、不愉快なものでした。」
「少しでも慰めになれば良いのですが…ブライアン・シンガーは解雇されたのです。誰もそのような事になるとは思ってもいませんでした。でも解雇は不可避で、実際に解雇された。そういうことです。」

ちなみにシンガー監督の解雇理由は、性的暴行疑惑の浮上ではなく「撮影現場に来ないことだった」と言われている。また監督も被害者らの主張を否定しているが、セットではラミらともめることもあったようだ。結局はデクスター・フレッチャーがメガホンをとり映画を最後まで撮り終えたが、ラミも映画の成功を左右する主演俳優として、クランクアップまで気が抜けない状態だったに違いない。



参照:『The Hollywood Reporter』Rami Malek Opens Up on Bryan Singer: “My Situation Was Not Pleasant”

画像:『Instagram』bohemianrhapsodymovie

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレックの謙虚さに拍手 授賞式スピーチが話題に
『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック ゴールデングローブ賞受賞で「フレディに感謝します」
『ボヘミアン・ラプソディ』主演俳優ラミ・マレック 撮影裏話や義歯の今を明かす
『ボヘミアン・ラプソディ』で大ブレイク 俳優ラミ・マレックってどんな人?
『ボヘミアン・ラプソディ』俳優ラミ・マレック “10代の頃の写真”を公開され大炎上

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan