<動画>恐るべしインパラの身体能力! 衝撃のラストにもご注目!

この記事をシェアする
インパラの跳躍力は大したもの
インパラの跳躍力は大したもの

インパラはアフリカの広範囲に生息している哺乳動物で、シカに似ていますがウシ科に分類されています。走行速度は約60キロ、驚異のジャンプ力は高さ3メートル、幅10メートルにも達すると言います。エトセトラでこのところ話題にすることが増えてきた”動物シリーズ”。今回はインパラの驚くべき身体能力について、その実態を見事に収めた動画をご紹介したいと思います。



このたびご紹介するのは、そんなインパラの群れが止まっている自動車の間を次々とジャンプして道路を横切るという、実にダイナミックな動画です。なんと軽々とした美しい跳躍力でしょう。ところがインパラの群れは2頭のチーターに追われていたのです。必死に逃げる様子には思わずこちらも手に汗を握ります。

https://www.instagram.com/p/BtMbZ5QAb56/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

夢中になって観ていると驚きのラストが待っていました! 最終的にチーターに迫られてしまった1頭のインパラが逃げ込んだ先はなんと車の中! 一瞬車にぶつかった様にも見えますが、撮影者たちが「車に入った!」と興奮しながら言っているので、これは「助けて!」とばかり自ら車の中に飛び込んだということなのでしょう。車の中の人にもインパラにもケガはなかったのでしょうか…その後が気になりますね。

チーターは陸上を走らせれば最速の動物と言われており、最高速度はなんと時速120キロ。たった2秒で時速75キロを出せる脚の速さの持ち主です。しかし最強の動物になれない理由はここ。全速力で走れるのは10~20秒程度なのです。つまりチーターが獲物を狙う時はまさに一発勝負。狩りに成功する確率は50パーセント程度しかないそうです。実はライオンでも20パーセントにも満たないそうで、逆に彼らが狙うインパラやガゼルは持久力に優れているため、速く長くどこまでも走れることが特徴です。自分の命は自分の脚で守るということなのですね。

ところで夜寝る前には必ず息子たちに生き物の図鑑を読んであげるのですが、虫や動物たちの体の作りには驚かされることばかりです。生きていくため、そして身を守るための工夫が随所に凝らされ、どのパーツも必ずひとつの役目を持ち、まるで無駄がないことに感心させられます。何歳になっても図鑑を読むというのは本当に楽しいものですね。

この美しい地球には動物や昆虫も鳥も魚もみな懸命に生きており、人間だけが好き放題やらかして環境を破滅させてしまうことなど許されません。すべての生き物が永遠に仲良く健やかに暮らしていけるよう人間は反省し、責任を持ってあらゆる知恵を絞り、改善に向けて努力していかなければなりません。そんな気持ちを込め、”動物シリーズ”、また近々感動や驚きをシェアできればと思います。



動画および画像:『instagram』natures

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
サメとシャチが真剣勝負 さて、勝つのはどちら?!
「10 year challenge」で判明 痩せ細ったホッキョクグマの姿が切なすぎる!
疲れが吹き飛ぶ! ひたすら可愛い海外の癒され系動画たち<子供編>
疲れが吹き飛ぶ! ひたすら可愛い海外の癒され系動画たち<動物編>
巨大ニシキヘビを5人がかりで捕獲 シンガポールの有名ショッピングセンター「Tang Plaza」で

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan