ジゼル・ブンチェン、レオナルド・ディカプリオとの苦い恋と破局を回顧

この記事をシェアする
レオとは「求めるものが違った。」
レオとは「求めるものが違った。」

無類の美人モデル好きで、過去にはバー・ラファエリ(33)やトニ・ガーン (26)、ここしばらくはモデル・女優のカミラ・モローネ(21)と交際しているとされるレオナルド・ディカプリオ(44)。その彼とかつて長いあいだ恋愛関係にあったジゼル・ブンチェン(38)が彼との関係を振り返り、交際と苦い破局につき語った。



レオナルド・ディカプリオの元恋人ジゼル・ブンチェンが『Porter』の取材に応じ、2000年から2005年まで続いたレオナルドとの関係を回顧 - 「あえて見ないようにしていたことに、どんどん気づくようになった」と述べ“許容できない点があった”と匂わせ、こうも語った。

「彼がちっとも変わらないのに、私はひとりで真剣に心の中をじっくり見つめたいと願っているのかしら。そう思っていたの。そして残念ながら、結局は『その通りだ』って答えにたどりついたのよ。」

その答えに至るまで、敢えて仕事やアルコールなどで気持ちを抑え込んでいたというが、それにも限界があったようだ。

レオナルドといえば、やはり若い美女好きとして40代半ばとなった今もモデル達に夢中。トニ・ガーンは破局寸前まで「いつかは子供が4人欲しい」「私は家庭を愛するタイプなのよ」と語り落ち着くことを望んでいることをアピールするも、レオナルドは同時期にマイアミのクラブを20人もの美人モデルを伴い後にする姿をキャッチされ、トニとゴールインすることもなかった。

現在ジゼルはトム・ブレイディの妻 - 2人の子を出産し、ずいぶん心穏やかに暮らしているようだ。



参照:『METRO』Gisele Bundchen ‘numbed herself with drinking and smoking’ during romance with Leonardo DiCaprio

画像:『Instagram』gisele

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジゼル・ブンチェンがヴィクシーモデルをやめた理由「“見せすぎ”がイヤ」
ジゼル・ブンチェン、“トップレス”でランウェイを歩き「涙があふれた」
ジゼルが回顧 「トム・ブレイディの元カノが彼の子を産むと知った瞬間」
ジゼル・ブンチェンが人気誌表紙でまるで別人に 驚きの声が続々
ジゼル・ブンチェンも苦しんだ不安症状 「最悪な時期があった」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan