トランプ大統領の息子、12歳にして身長190cmか 母メラニアも180cmの高身長遺伝子

この記事をシェアする
トランプ大統領の12歳の息子、早くも身長190cmか
トランプ大統領の12歳の息子、早くも身長190cmか

やはり身長は遺伝子に左右されるのであろう。そう言わざるを得ない例がまた一人現れたようだ。それはバロン・ウィリアム・トランプ(Barron William Trump)君。ドナルド・トランプ米大統領の息子で、メラニア夫人にとっては一人息子である。この少年の身長がすごいことになっているようだ。



現在まだ12歳、今年3月20日で13歳になるというバロン君。身長ばかりか骨格、手や足の大きさなどがぐんぐんと成長を続けていく年齢に突入したところであろうが、もうすでに父ドナルド・トランプ氏の背を超えそうな勢いだ。「このまま行けばNBA選手?」と米芸能情報サイト『TMZ』などがこのことを大きく報じている。

1日、メリーランド州のアンドリューズ空軍基地内の空港に着陸した大統領専用機「エアフォースワン」。そのタラップを上る直前、父ドナルドと並んだバロン君の背の高さに人々はあっと驚いたようだ。しかし父は身長190cm、そして母であるメラニア夫人の身長は180cmである。両親から高身長の遺伝子を受け継いだバロン君の背が高くなるのは当然なのであろう。

カメラのちょっとした角度や立っている位置の関係で、身長というのは高くも低くも見えてしまうもの。しかし動画ならあまり影響を受けないであろう。ご紹介する動画の後半、タラップを素早く降りたバロン君は父ドナルドと並んで立つが、ここで両者がほぼ同じ背であることがよくわかる。バロン君の骨格の成長はまだまだ続く。今年中には父を見下ろすほどになるのではないだろうか。

なお、トランプ大統領と最初の妻イヴァナさんがなした長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏は身長が185cmだが、次男のエリック・トランプ氏は196cmもある。そしてあのイヴァンカさんも180cmと揃いも揃って高身長だ。

(次のページへ)