クリスティーナ・アギレラ P!NKに殴りかかったとされる過去につき「記憶にございません」

この記事をシェアする
怒ったら絶対に怖いP!NK。
怒ったら絶対に怖いP!NK。

過去には不仲だったことでも有名な、歌手P!NKとクリスティーナ・アギレラ。一度はクラブにてクリスティーナがP!NKに殴りかかったというのだが、クリスティーナの言い分は? 



このほど歌手クリスティーナ・アギレラが『Watch What Happens Live』に登場。そこで「クラブでクリスティーナがパンチを繰り出してきた」という過去のP!NK側の主張が話題になるなり、困ったような表情を浮かべ苦笑いした。

「私の記憶と違う」とクリスティーナ。
「私の記憶と違う」とクリスティーナ。

P!NKの言い分とは、このようなものであった。

「実際に、クラブでパンチしてきたのよ。マジでおかしかった。こう思ったものよ。『え、一体今何が起きているの?』って。」

これにつき、クリスティーナはこう語っている。

「今の彼女は、まるで別人よ。」

「ママになったしね。すごくクールだわ。でもそれは私の記憶とは違うのよ。瓶回しゲーム(瓶を回し、止まった時点で瓶が向いている相手にキスする遊び)をしていたのよ。」

その結果クリスティーナがP!NKにキスすることになったというが、P!NKは嫌だったらしく手を口に当てたとのこと。そこでクリスティーナは「あ、そういうこと」「汚くなりたくないってことね」と思ったというのだが、ホストに「その後殴ったの?」と聞かれ、「いいえ、いいえ、知らないわ」と答えている。

すでに仲直りはしているというが、互いに少々記憶にズレがあるもよう。だが互いにとても気が強かったことだけは「間違いない」と言われている。



参照:『JUST JARED』Christina Aguilera Doesn’t Remember Swinging on Pink

画像:
1枚目『Instagram』pink
2枚目『Instagram』xtina

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ニッキー・ミナージュ&カーディ・Bが壮絶キャットファイト 靴やカツラも飛び交う
オズボーン夫妻、壮絶夫婦喧嘩では歯を折り頭髪を掴んで「おりゃ~」
“俺様系”ジャスティン・ビーバーにムッ 大先輩の苦言をおさらい
カニエがドレイクに激怒「ウチの嫁をフォローするんじゃねえ」
タランティーノ監督、侵入者らを追い払う 仰天“爆裂おじさん”の過去

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan