太すぎる&長すぎる珍首ヒップホップ・ユニット「Neckst Up」 売れ始めた矢先に太首が逮捕

この記事をシェアする
2019/01/08に公開YouTube『WORLDSTARHIPHOP-Daddy Long Neck & Wide Neck "Neckst Big Thing" (WSHH Exclusive - Official Music Video』のサムネイル
2019/01/08に公開YouTube『WORLDSTARHIPHOP-Daddy Long Neck & Wide Neck “Neckst Big Thing” (WSHH Exclusive – Official Music Video』のサムネイル

昨年暮れ、アメリカのヒップホップ・ファンの間で話題になり、めきめきと頭角を現してきたのが「ネックスト・アップ(Neckst Up)」という2人組のユニット。あくまでも細長い首とあくまでも太い首。そんなデコボコな2人が制作してYouTubeに投稿したミュージックビデオは実にユニークであった。しかし…。



このマグショットは、「ネックスト・アップ(Neckst Up)」のメンバーの一人で“ワイドネック”の異名をとるチャールズ・マクダウェル(Charles ‘Wideneck’ McDowell=31)。インスタグラムの彼のアカウント「damnwideneck」は130万人以上がフォローする人気ぶりで、非常に細くて長い首が自慢のダディ・ロング・ネック(Daddy Long Neck)と組んだこのユニットの未来は明るいように思われていた。

太いこの首を売りものに頭角を現し始めたラッパー逮捕される
太いこの首を売りものに頭角を現し始めたラッパー逮捕される

ところが昨年7月、マクダウェルは地元であるフロリダ州ペンサコーラで逮捕・起訴されていた。着用していたウエストポーチからコカイン、クラック・コカイン、メタアンフェタミン系の覚せい剤、その他の危険ドラッグが続々と出てきたためだ。そして11月19日に保釈となったものの、わずか2日後にアラバマ州でマリファナ所持と危険運転の罪で再逮捕となっていた。マクダウェルの身柄はフロリダ州のエスカンビア郡拘置所へと送られたが、相次ぐ違法行為につき裁判所が保釈を認めるわけはなかった。

うまく行けばショービズの世界で成功を収めるかもしれなかったマクダウェル。インスタグラムには「過去2か月にわたる皆さんからのサポート、愛に心から感謝している。拘置所の暮らしはもう懲りた。刑務所には決して行きたくない。そのためにも自分の生活の質を改め、良いものへと高めていく」といった生まれ変わる決意が綴られた。

もっとも一旦ドラッグに溺れる、あるいはドラッグで金儲けすることを覚えてしまうとそこからの脱却や立ち直りは実に難しいといわれており、彼のクリーン宣言を信じるものはどれほどいるだろう。マクダウェルの次回の出廷は2月21日に予定されているが、ビジネス面で大きな被害を受けているダディ・ロング・ネックのことを忘れるわけにはいかない。ここで相方を“クビ”にし、別のワイドネックを探すことを考えたとしても誰も彼を責めはしないだろう。



参照および画像引用:『METRO』Criminal whose wide neck earned internet fame is back in jail

動画:WORLDSTARHIPHOP『YouTube』Daddy Long Neck & Wide Neck “Neckst Big Thing” (WSHH Exclusive – Official Music Video)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジェイデン・スミス 男性ラッパーとの交際宣言に続き女性と海外バケーション
「このラッパーの名を募集中!」意外にもお茶目なスヌープ・ドッグの爆笑インスタ!
そういうキャラだった…!? スヌープ・ドッグがまさかの料理本を出版
<米>トランプ大統領オロオロ 小児病院訪問で「ぬりえ」に挑戦するも星条旗をきちんと描けず
セレブ達が世間を騒がせたオモシロ発言集 大統領選目指すカニエは「俺、政治が大っ嫌い」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan