「KISS」元メンバーがジーン・シモンズに激怒 「このクソ野郎、俺の女房にまで…」

この記事をシェアする
ジーン、元メンバーに「クソ野郎」と呼ばれる。
ジーン、元メンバーに「クソ野郎」と呼ばれる。

人気バンド「KISS」のジーン・シモンズは、レストランチェーン『Rock & Brews』の創設者のひとりでもある。しかしそのレストランで働いていた女性を見るなり気に入ったらしく、写真撮影をしようと並んだ際にハレンチ行為に及んだとのこと。この件をすっぱ抜かれたことを「エトセトラ」からもお伝えしていたのだが、今回は同バンドの元メンバーであるエース・フレーリーがジーンにブチ切れ、メッタ斬った。



「KISS」の元メンバーであったエース・フレーリーにつき、ジーン・シモンズがインタビューで「ドラッグにアルコールだろ。態度もクソ悪かった。ありゃプロの態度じゃねえってことだ」「奴は解雇した」などとコメント。これを知りエースが激昂 - これまで蓄積されていた怒りがついに爆発したようで、Facebookに以下の内容を含む長文をアップしている。

「ジーン、お前の記憶は正しくねえ!・・・俺はKISSを解雇されたんじゃねえ。(3度じゃなく)2度、自分の意志で辞めたんだ。お前とポール(ポール・スタンレー)が何でも仕切るからだ。それに信用に値せず、一緒に仕事をするのが困難だったせいさ。」
「それに俺は何年もお前に中傷されたせいで、何億円も金を失う結果になった。」
「シラフになって12年以上も経つんだ。」
「お前とポールはガッカリだろうが、俺は『The Ace Frehley Band』としてやってきたんだぜ。」
「お前の発言で気付いたんだ。お前はクソ野郎だ。性依存症で、何人もの女性に訴えられたしな。それをお前は隠そうとしているんだ。」

(次のページへ)