『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレックの謙虚さに拍手 授賞式スピーチが話題に

この記事をシェアする
常に謙虚で感謝の気持ちを忘れないラミ。
常に謙虚で感謝の気持ちを忘れないラミ。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』で今は亡きフレディ・マーキュリーを演じ、その才能を高く評価された俳優ラミ・マレック。先日開催された「全米映画俳優組合賞」授賞式ではラミが主演男優賞を獲得し、映画関係者、そしてラミ本人や恋人も大変喜んだが、ラミはフレディへの感謝の言葉を述べて、「この賞はフレディのものです」と一言一言をかみしめるように語った。



日本を含む多くの国で大ヒットし、再び「クイーン」ブームを巻き起こした映画『ボヘミアン・ラプソディ』。伝説的歌手フレディ・マーキュリーを演じることはラミ・マレックにとりまさに賭けのようなものだったに違いないが、彼は「この役をオファーされるかも」という段階から準備を開始 - プレッシャーをはねのけてフレディを見事に演じ、「全米映画俳優組合賞」授賞式にて主演男優賞を獲得した。その彼が受賞にあたりスピーチをしているのだが、その内容がまた非常に慎ましく、ラミのファンもクイーンのファンも大変感動した。

「僕は感謝しています。クイーンのメンバーの皆様に…そしてフレディ・マーキュリーに対してもです。」

そう述べたラミは「フレディより、僕はパワーを頂いているのです」として、こうも続けている。

(次のページへ)