『フレンズ』ジョーイが老けた? 10代のファンに「ジョーイのパパだ!」と誤解される

この記事をシェアする
若々しかった「ジョーイ」ことマット。
若々しかった「ジョーイ」ことマット。

長いあいだ続き、15年前に終了するも今も世界中の人達に愛されている、テレビドラマ『フレンズ』。同ドラマで「ジョーイ・トリビアーニ」を演じた俳優マット・ルブランは51歳になり、ほぼ変わらぬ美しさが自慢の共演女優らに比べ、ずいぶん老けてしまった。



こちらが、あんなにも若々しかったマット・ルブランの現在の姿である。

今ではすっかりオジサマに。
今ではすっかりオジサマに。

それもそのはず、番組が終了してからすでに15年もの期間が経過しているのだから、それなりに老けても仕方がないのである。しかし今も『フレンズ』を愛するファンにとり、マットはやはり「ジョーイ」なのだろう。だが今のマットを見て「あ、『フレンズ』のジョーイだ!」と思う人は少なくなっているようで、このほど『Live with Kelly and Ryan』に出演したマットは、こう語っている。

「数年前のことさ、歩いていたら13歳か14歳の子にこう言われたんだ。『ああ、あなた、ジョーイのパパだ!』って。」

(次のページへ)