『ボヘラプ』ラミ・マレック 解雇された監督につき「役作りに没頭していて、よく知らなかった」

この記事をシェアする
ラミ、ブライアン・シンガー監督に言及。
ラミ、ブライアン・シンガー監督に言及。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の撮影現場でメガホンをとったブライアン・シンガー監督だが、撮影終了間際に現場に復帰しなかったことから事実上「解雇」となり、最終的にはデクスター・フレッチャー氏に交代。そうして出来上がった作品は大ヒットしたのだが、実は過去に複数の人物が「シンガー氏よりセクハラ行為を受けた」と主張、訴訟問題にまで発展していた。現場でたびたびシンガー氏と衝突したともされる主演俳優ラミ・マレックは、一連の騒動をどう受け止めているのか。



このほどラミ・マレックが『ロサンゼルス・タイムズ』の取材に応じ、ブライアン・シンガー監督が何件ものセクハラ問題で名指しで批判されていること、また訴訟問題にまで発展したという経緯につき、こう語った。

「僕に関して言えば、彼が(映画『ボヘミアン・ラプソディ』に)関わる前にすでに(主演俳優として)候補になっていたからね。だから(撮影開始の)1年前には準備に没頭していたんだ。」

「だからブライアンについてはよく知らなかったんだ。それにこういう騒動についても、正直な話、気付いてもいなかった。だけど全てを乗り越えて、僕達はちゃんと目的を達成する方法を見つけた - そういう事だと思うね。」

(次のページへ)