整形繰り返す「人間版ケン人形」 手術で顔面にできた塊を除去もさらに整形へ

この記事をシェアする
顔面の皮膚を5cm除去も、手術は今後も…。
顔面の皮膚を5cm除去も、手術は今後も…。

ブラジル出身のロドリゴ・アルヴェス(35)は、2018年1月、つまり1年前の時点で「すでに計100回を超える美容整形手術を受けた」と告白。テレビ番組にも出演し有名にはなったものの、「どこまでやるのか」と関係者達も大きな不安を抱えているに違いない。



ちょうど昨年のこの時期、ロドリゴ・アルヴェスはすでに103回に及ぶ手直しを受け終えていると公表。フィラー注入、脂肪吸引、体の様々な場所の手直し、植毛、フェイスリフト、鼻形成術などで自分の好みの容姿にどんどん変えていったというのだが、彼はまだ満足していないという。

そこで先日、ロドリゴはフェイスリフト及びリップリフトなる手術を受けるべく再びクリニックへ。しかし彼の顔には何やら硬い塊が複数できていたらしく、5時間にも及ぶ手術でそれらを除去したと『METRO』が報じた。この際、医師団は顔の皮膚を5センチほど切除 - ロドリゴは顔面を引き締めるべく水溶性食物繊維を顔面に注入する手術を受けた事があるといい、ロドリゴはそれが原因で線維症になったと推測しているそうだ。

これで整形には懲りたかと思いきや、ロドリゴは『METRO』にこう語ったという。

「次は、ついに顎のインプラントを菱形のものに変えるんだ。そうすれば、顔がもっと小さく見えるからね。あと、肋骨の軟骨を使って11回目の鼻の整形手術も受けるんだよ。」

「鼻の専門の先生(Dr. Shahriar Ilkhani)が、こう約束してくれたんだ。これで息がしやすくなるって。唯一のリスクは、鼻の皮膚が壊死することさ。」

(次のページへ)