クリス・ブラウンがブチ切れ 性的暴行を主張の女性を「名誉棄損で訴えてやる!」

この記事をシェアする
クリス・ブラウン、怒り心頭。
クリス・ブラウン、怒り心頭。

先日、仏パリにてクリス・ブラウンに性的暴行を受けたとある女性が主張 - それゆえにクリスは「現場で同じく女性を“虐待した”」とされる友人およびボディガードと共に逮捕され大騒動となったが、クリス本人はすでに署を後にしており「このビッチは嘘つきだ」とインスタグラムにメッセージをアップ、さらに「名誉棄損で訴えてやる」として、早速弁護士を雇い動き始めた。



『TMZ』によると、「Closer Magazine」がクリス・ブラウンより暴行を受けたと主張している女性(モデル、24)を取材。女性の言い分を以下のように報じたという。

■ 1月15日にクリスに出会い、一緒にクラブへ
■ 午前4時頃に「ホテルに戻りたい」とクリスとクリスのスタッフが言いだした
■ 女性は疲労していたものの、「是非一緒に」と強く勧められてホテルのスイートルームに同行
■ スイートルームに入り女性がバスルームに行くと、クリスがついて行き女性の腕をつかんだ
■ ドレッシング・ルームに引っ張って行かれ、暴力的に強姦された(25~30分)
■ その後にクリスの友人のひとりとボディガードにも“虐待”された
■ 女性は2日後に警察へ
■ 届けを出したのは、他の被害者が出ないようにとの願いからだった

(次のページへ)