米・元男子フィギュアスケート選手ジョン・コフリンが自殺 「SafeSport」による内部調査で憔悴か

この記事をシェアする
ケイディー・デニーさんと共にアイスショーを続けていたジョン・コフリンさんだが…
ケイディー・デニーさんと共にアイスショーを続けていたジョン・コフリンさんだが…

アメリカの元男子フィギュア・ペアスケート選手でカンザスシティ出身のジョン・コフリンさんが急逝した。インスタグラムから引用させて頂いたこちらの写真は、かねてからパートナーであったケイディー・デニーさん(25)とともにアイススケート・ショーに出演した2017年のものである。引退後もスケートを続け、後進やジュニアの指導にもあたっていたなかでの突然の訃報であった。



姉のアンジェラ・ローンさんがFacebookで明らかにしたところによると、ジョンさんは18日に地元カンザスシティで自らの命を絶ったもよう。ジョンさんは先月から「SafeSport」の調査を受けており、その間、いかなるイベントにも出演することを禁じられていた。

SafeSportとは、米国オリンピック委員会(USOC)がスポーツ界から違法行為をなくすことを目的に策定したプログラムで、体罰などの申し立てにより第三者組織が調査を行うものである。いったいジョンさんの何に関する訴えについてSafeSportの調査が行われていたのか、現時点では明らかにされていない。

四大陸選手権および世界選手権の代表に選出され、世界選手権では6位となるも四大陸選手権では銀メダルを獲得していたジョンさん。全米選手権では2年連続で優勝を飾るなど米ペア・スケート界の実力派であった。しかし左股関節の関節唇断裂に苦しめられ、手術を余儀なくされた。またパートナーのデニーさんも右足首の怪我やリハビリが長引き、ペアは2015年7月に引退を発表していた。



参照:『TMZ』U.S. FIGURE SKATER JOHN COUGHLIN DEAD BY SUICIDE AT 33 …Amid Suspension/Investigation

画像:『Instagram』johncoughlinusa

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<イタリア>いたずらを受けた娘が自殺で父の恨み消えず 小児性愛者、出所とともに射殺される
<米>“ドッペルゲンガー”誤認逮捕から17年 冤罪確定の男性が州に1億円超の損害賠償請求
エンタメ、アート、デザイン、メディア業界の女性は自殺率ワースト1 その背景には…?
<英>証拠のコカインを体内に隠したと疑われた密売人、拘置所で19日間排便せず
自殺願望は狂言 家族パリ旅行中に手紙を残して消えた米男子に当局も激怒 

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan