シュワが家政婦に産ませた息子 父顔負けのムキムキマッチョマンに

この記事をシェアする
16歳当時のヤングシュワちゃん。
16歳当時のヤングシュワちゃん。

「#tbt to when I was 16, before I ever competed.(俺が16歳の頃の写真だ。まだコンペティションにも出る前のことだ)」
- そう書き添えられているこの白黒写真は、かのアクション俳優アーノルド・シュワルツェネッガー(71)がインスタグラムにアップしているものである。そのシュワが家政婦に産ませた息子として一躍メディアの注目を浴びたジョセフ(Joseph Baena)が、若き日の父と同じポーズで写真を撮影、インスタグラムにアップしている。



アーノルド・シュワルツェネッガーには5人の子がいる。4人はマリア・シュライヴァーが産んだ子で、1人はマリアと同時期にシュワの子を妊娠していた元家政婦が産んだ、いわゆる“隠し子”である。

この隠し子の存在発覚により、マリアと子ども達に軽蔑されていた時期もあったシュワ。しかしマリアは大変良い母で、結婚生活は破綻したものの、シュワと自分の子ども達の関係が断裂せぬよう気配りを忘れなかったという。そのおかげで、今の親子関係は良好な様子。シュワに最も良く似ている浮気相手が産んだ子ジョセフも、今は父のような姿をめざしトレーニングに励んでいるようだ。その姿が、こちら。

シュワの浮気相手が産んだ息子。
シュワの浮気相手が産んだ息子。

シュワはジョセフのことも大変大事にしており、誕生日には高級車などを購入しプレゼント。息子のワークアウトに付き添い、指導に励むこともあるそうだ。

(次のページへ)