ジャスティン、体調が気になるも…挙式は誕生日あたりで確定? 

この記事をシェアする
すでに何度かの予定変更があったのだそう。
すでに何度かの予定変更があったのだそう。

人気モデルのヘイリー・ボールドウィンと婚約・結婚手続は済ませたものの、大本命だったとされるセレーナ・ゴメスの心身の状態が再び悪化したと知り号泣。それが原因でヘイリーもずいぶん悩み、セレーナの様子を把握しようとインスタグラムをチェック中にセレーナのファンアカウントを誤ってフォロー。「ごめんなさい、まちがえちゃって」と謝罪のメッセージを入れてフォローを解除したこともスクリーンショットつきで暴露されてしまった。そんなふたりも、今はずいぶん落ち着いているもよう。式の準備も、着々と進んでいるようだ。



法的な手続きは済ませ正式な夫婦ではあるものの、「神様に見守られての挙式をしなくては立派な夫妻とはいえない」として挙式の準備をしているとされるジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィン。そんな中、先日は「挙式が行われるのは2月28日だ」という情報が“リーク”。こういう情報については敢えて嘘の情報を関係者に流させるパターンも十分ありうるのだが、今回は『TMZ』が「ジャスティンの誕生日(3月1日金曜日)に近い週末に決まったようだ」と報道している。

同メディアによると、ふたりが挙式の場に選んだのはロサンゼルス。ジャスティンの家族は主にカナダと米東海岸に在住だというのだが、やはり天候を考え暖かい場所を選んだようだ。

また招待状をすでにメールで受け取っているセレブに、カイリー・ジェンナーとトラヴィス・スコットがいるという情報も。これで「この日は空けておいて」という“招待状”が送られたのは3度目という話もあることから、ジャスティンとヘイリーも日程などの調整に苦労していた可能性が高い。

(次のページへ)