リーアム・ニーソンの甥っ子 5年前に頭部に重傷を負いついに帰らぬ人に

この記事をシェアする
妻の死、そして今度は甥っ子も…。
妻の死、そして今度は甥っ子も…。

ナターシャ・リチャードソン(享年45)という美しい女優妻がいたものの、2009年に先立たれたリーアム・ニーソン(66)。あれから約10年、今度は5年前に頭に酷い怪我を負った甥の死亡を、米『PEOPLE』など海外メディアが大きく報じている。



リーアム・ニーソンの妻ナターシャ・リチャードソンは、2009年にスキーのレッスンを受けその最中に転倒。頭を負傷したナターシャは、そのわずか数日後に死去した。息を引き取る直前は生命維持装置によりかろうじて生きている状態だったといい、彼女とは「生命維持装置が必要な状態になったら延命を中断しよう」と約束しあっていたことから、リーアムが妻の生前の意思を尊重し延命治療を断念したという。

そのリーアムの甥ローナンさん(Ronan Sexton)は、5年前のある早朝に公衆電話ボックスによじ登るもバランスを崩して落下、頭部に酷い怪我を負ったとのこと。友人達と出かけている時の出来事だったといい、当時まだ31歳の若さだった。その直後に重篤な状態のまま病院に救急搬送され、家族は「みなさんの愛、応援、そして祈りに感謝いたします」という声明を発表 - しかし完全に回復することはなかったという。

その彼が、このほど家族が見守るなか息を引き取ったとのこと。6人きょうだいの末っ子だったという彼は、あまりにも早くこの世を去ってしまった。

最愛の妻の死と重なる点もあるだけに、リーアムの悲しみもどれほど大きいことか。ローナンさんのご冥福を祈ると同時に、ご遺族の心の傷が1日も早く癒えるよう願うばかりである。



参照:『PEOPLE』Liam Neeson’s Nephew Dies 5 Years After Suffering From a Tragic Fall

画像:『Facebook』A Walk Among the Tombstones

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
スポンジ・ボブのクリエーター、57歳で死去 業界に激震
「America’s Next Top Model」元出場者 乳がん宣告から2か月で死去
『大草原の小さな家』“オルソン夫人”が93歳で死去 “ローラ”も追悼
“ウルヴァリン”ヒュー・ジャックマンも沈痛 アメコミ界巨匠スタン・リー氏が死去
マーク・ハミル レイア姫こと故キャリー・フィッシャーを改めて追悼

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan