セレーナ・ゴメスついにインスタグラムを再開 「自分自身の成長を誇りに思う」

この記事をシェアする
物事をじっくりと観察する力が大事…!?
物事をじっくりと観察する力が大事…!?

腎臓の移植手術を経て元気になったものの、昨年はジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンの婚約・結婚で受けた精神的なショックに加え、白血球減少といった再びの体調不良に苦しみ、あらゆる意味で自分自身の殻を閉じてしまった感があるセレーナ・ゴメス。ソーシャルメディアの投稿も休止していた。しかし、このほど…!



最近、親友であるテイラー・スウィフトが、セレーナが元気になっている様子を自身のインスタグラムで報告してくれた。その写真のセレーナは実に明るい、素晴らしい笑顔を見せている。だが、やはり本人からの発信が一番である。ファンはずっとこの日を待っていたであろう。

腎臓移植後の後遺症や拒絶反応との闘いはまだまだ続くのであろうセレーナ。診察で白血球減少がわかり、その不安から精神面でのバランスを崩し、専門家による精神科の治療すら受けていた。そんな苦しかった昨年を振り返り、このほどセレーナは自身のインスタグラムのページにモノクロ写真3枚をアップした。

新年のあいさつに加え、いつも支えてくれているファンに感謝の気持ちを述べながら、「昨年は私にとって内省、挑戦、そして成長の年となりました」とやや長いキャプションを添えている。

とてもリラックスした表情がステキなセレーナ
とてもリラックスした表情がステキなセレーナ

昨年は、自分がどのような人間で、どのような課題に直面し、それを克服できると自分に言い聞かせることが大切になる ― そんなことを痛感させられたというセレーナ。その課題と向き合って生きていくことを「挑戦」と表現しているようだ。また「自分自身を信じることは簡単なことではないが、成長を続ける自分自身を誇りに感じている」とも綴られた。

まだまだ若いセレーナ。ここ数週間、友達との旅行を楽しみ、フィットネスにも熱心に取り組んでいたそうだ。腎臓を提供してくれた友人、そしてテイラーのような業界の良き友人にも恵まれ、ファンにも恵まれたセレーナ。今年はきっと心身共に健やかな年を過ごせるに違いない。



画像:『Instagram』selenagomez

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバーが男のケジメ? 消したいのはセレーナ・タトゥー
セレーナ・ゴメス&テイラー・スウィフト 仲良く笑う元気そうな姿にファン歓喜
ジャスティン・ビーバーもコメント ヘイリー・ボールドウィンがインスタで本音明かす
ジャスティン・ビーバー、ヘイリーの写真に「興奮するぜ」 大物女優が辟易?
ヘイリー・ボールドウィン、セレーナファンのインスタをうっかりフォロー

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan