キャサリン妃の弟、辛い精神状態を激白 「姉達の活動が公表のきっかけに」

この記事をシェアする
キャサリン妃の弟「目的を失ったような気持だった。」
キャサリン妃の弟「目的を失ったような気持だった。」

このほどキャサリン妃(37)の弟、ジェームズ・ミドルトンさん(31)が「鬱を患いずいぶん辛い経験をしていた」と明かした。公表するきっかけになったのは、姉夫婦とヘンリー王子(34)が精神ケアの大切さを熱心に人々に伝える活動をしてきたからとのこと。それを機に「僕もこの問題につきオープンに話さねば」と思うようになったという。



このほどジェームズ・ミドルトンさんが『Daily Mail』に寄稿し、自らの鬱状態を告白。そこに、以下のような内容を書き含めた。

「僕にも分かっているんです。自分がとても恵まれていて、特権階級の暮らしをしていることを。でもだからといって、鬱に対し免疫ができるわけではないのです。」

「状態を説明するのは困難なことです。単に悲しくなるというものでもない。これは病気、そう、精神のがんなのです。」

「感情そのものがない状態です。どういう方向に行くのか。そういう目的もないまま、ただ存在しているという感覚です。喜びやワクワクした感覚、期待感もありませんでした。」

「自殺しようとは、考えませんでしたね。ただ、そのような精神状態で生きるのは嫌だという思いはありました。」

酷く苦しんでいたというジェームズさんは、しばらくのあいだ家族にも相談できない状態だったとのこと。注意欠陥障害もあると診断されているというジェームズさんは、「親しい相手だからこそ、話すのが難しいのです」と記述。しばらくは電話やテキストメッセージも無視し距離を置いていたというが、今は家族にしっかりと支えられているという。

「大丈夫じゃない(精神)状態にある - でもそんな状態だって、構わないのですよ。」

ジェームズさんは最後にそう書き綴り、悩まずに助けを求める大切さを人々に訴えかけている。



参照:『Us Weekly』James Middleton Credits Sister Duchess Kate for Supporting Him in His Battle With Depression

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キャサリン妃が37歳に 麗しい写真と素敵な言葉を振り返る
メーガン妃の父、取材に応じて“キャサリン妃vsメーガン妃”騒動に言及
キャサリン妃とメーガン妃 不仲説が噴出したワケと真相は?
キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ
キャサリン妃のあまり知られていない事実10選 頭には手術痕も

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする