ヘンリー王子&ウィリアム王子の確執報道 事の発端を考察

この記事をシェアする
ヘンリー王子、メーガン妃を愛するばかり…。
ヘンリー王子、メーガン妃を愛するばかり…。

かつては「大変仲の良い兄弟」と呼ばれたウィリアム王子とヘンリー王子につき、「最近やけに関係がギクシャクしているようだ」という噂が浮上。メーガン妃と結婚するまでは兄夫婦にたびたび合流し3人での活動も非常に微笑ましかったため、ヘンリー王子の結婚を機に兄弟の関係破綻説にさらに拍車がかかったようだ。



30代の兄弟が結婚後もベッタリ一緒に行動することは、やはりどう考えても不自然である。キャサリン妃、メーガン妃にそもそも共通点は多くなく、一緒にいても楽しい以上に「気疲れする」というのがおそらく事実だろう。

だからといってウィリアム王子とヘンリー王子の仲が最悪な状態にあるわけではないと言われているが、弟を想う兄の“あるアドバイス”にヘンリー王子が苛立ったという説があるのでご紹介しておきたい。

兄ウィリアム王子のアドバイスにヘンリー王子が少々反発? 
兄ウィリアム王子のアドバイスにヘンリー王子が少々反発? 

ちなみに事の発端であるが、複数メディアの報道をまとめると、やはりメーガン妃とヘンリー王子に関しウィリアム王子が少々心配していたからとのこと。王室につき執筆を続けてきたケイティさん(Katie Nicholl)は、英メディアにこう話しているのだ。

「ウィリアム王子はすごく心配していたのです。(婚約を前に)ヘンリー王子がメーガン妃との件を急ぎ過ぎているとね。ヘンリー王子にそうハッキリ言えるのは兄であるウィリアム王子だけですから、王子はこう伝えたのです。『あまりにも展開がはやいけど、本当に(彼女しかいないと)確信しているのかい?』と。」

「当然、兄としての情があってのアドバイスだったのです。でもそれが、ヘンリー王子を怒らせてしまいました。」

メーガン妃を守りたい一心のヘンリー王子は、兄の心配を批判と誤解。それを機にわだかまりが残っているというのだが、これもどこまでが事実でどこまでが憶測なのか、正直言って「不明」である。

ちなみに両王子の母・故ダイアナ妃と親しくしていたという人物曰く、「ヘンリーはメーガンに出会ってすっかり心を奪われ、かなり変わったと聞きました」「人は結婚すると変わってしまうものですからね」。これはほぼ事実であろう - 結婚により家族ではなかった人と家族になる以上、ある程度相手に合せて共存していくしかないのである。



参照:『ET CANADA』Prince Harry Has ‘Changed Considerably’ Since Dating Meghan Markle, Princess Diana’s Friend Says

画像:
1枚目『Instagram』kensingtonroyal
2枚目『Instagram』clarencehouse

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃の父「ヘンリー王子は横柄だ!」 粘着質な父の今の主張とは?
メーガン妃の父、取材に応じて“キャサリン妃vsメーガン妃”騒動に言及
メーガン妃「最初の夫との挙式でマリファナ配布」? 認めるメールがリークか
キャサリン妃が37歳に 麗しい写真と素敵な言葉を振り返る
女優リース・ウィザースプーン、キャサリン妃との対面を回顧 「招待に絶叫」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする