あの人は今…ハーレイ・ジョエル・オスメントは身長ストップで役者廃業? いえいえ!

この記事をシェアする
この可愛らしい少年、今は…!?
この可愛らしい少年、今は…!?

話題になることがやたらと多い「ハリウッドセレブ、あの人は今」。特に将来を期待されていた子役が今ほとんど活躍できていない場合、その後どうなっているのだろうと人々の興味を引いてしまう。超キュートだったハーレイ・ジョエル・オスメント君もそんな一人ではないだろうか。



『フォレスト・ガンプ』や『ペイ・フォワード』の名子役として人気を博したハーレイ・ジョエル・オスメント。テレビドラマの女優として活躍しているエミリー・オスメントの兄でもある。彼は“すでに忘れさられた元名子役”、あるいは“クスリや酒に溺れてダメになってしまった元名子役”などではない。今もハリウッドで仕事をしており、映画プロデュースもするが実は俳優としてもまだまだ現役である。

まだ活動しているからね!
まだ活動しているからね!

今後に公開される作品について『インターネット・ムービーデータベース』によれば、映画『Judy Small』『The Devil Has a Name』『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』(すべて原題)にクレジットされており、そしてビデオゲーム『Kingdom Hearts III』にも関わっているそうだ。いずれも主役か準主役での登場であるのが嬉しい。

あまり知られていなかったハーレイの事実をいくつか集めてみた。趣味はトカゲのコレクションというハーレイ(ハーレイ君と呼びたくなるがもう30歳である)。パキスタン原産のヒョウヤモリ2匹を可愛がり、ヒマさえあれば裏庭でトカゲを捕まえているという。好きな料理は中華料理で、毎日それを食べていて太ってしまったそうだ。

また学業はいつもオールAと非常に優秀で、さらに役者であることが大好きな彼はニューヨーク大学で演技を学んだ。だがハーレイの場合、身長が163cmとアメリカ人男性の平均身長から考えるとかなり小柄である。“小太り”のイメージが強いジャック・ブラック(身長168cm)と同様に、そうなるとどうしてもコミカルなキャラクターになってしまう。

イケメン俳優を目指すには背が足りなかったか
イケメン俳優を目指すには背が足りなかったか

20代はもっとも女性にモテたい時期であり、コミカルな役柄を本人が納得して受け入れられるようになるまで、実はかなりの葛藤と時間が必要であったのかもしれない。とても優しい笑顔はあの頃のまま、さらにポッチャリ体型。そんなソフトすぎる印象を払拭したいのか、今のハーレイは顔をマンリーなヒゲで覆っていることが多いようだ。

ハリウッドの希少キャラを目指すハーレイ
ハリウッドの希少キャラを目指すハーレイ

ちなみに今年公開となるサスペンスクライム映画の新作『Extremely Wicked~』は、ザック・エフロンが有名なシリアルキラーを熱演し、リリー・コリンズやジョン・マルコヴィッチと共演した話題作であるため、日本公開もひょっとしたらあるのかもしれない。久しぶりにハーレイの顔(ヒゲもじゃで出演)を拝めることに期待してみたい。



参照:『IMDB』Haley Joel Osment/Biography

画像:
Instagram』hjosment
Instagram』haleyjoelosment

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>7歳・4歳の兄弟が長時間留守番で母親を逮捕 映画『ホーム・アローン』を見させられていた!
<動画2つあり>マコーレー・カルキン、『ホーム・アローン』のオジサン版でGoogleの宣伝に登場
マコーレー・カルキン『ファンタビ』原作者を擁護 ついでに「俺にも役をちょうだい」
『ホーム・アローン』マコーレー・カルキン、マイリー兄の元恋人とベルリンでまったり
マコーレー・カルキン、『ホーム・アローン』絡みの珍セオリーや死亡説につき激白していた

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする