バリ島スミニャック地区の有名ブティック「Magali Pascal」が火災で全焼

この記事をシェアする
人気のブティックだったマガリ・パスカル
人気のブティックだったマガリ・パスカル

インドネシアのバリ島に出かけ、人気のスミニャック地区に滞在した女性観光客が、必ずといってよいほど足を向けると言われているブティック「Magali Pascal(マガリ・パスカル)」。その店舗が火災により全焼したことが伝えられた。



人気のブティック「Magali Pascal」は、フランス人デザイナーがパリやシドニーのほかにお気に入りのバリに展開したもので、リゾート地ならではの着心地のよい素材とゆるめのデザインが女性たちを魅了してきた。しかし9日午後8時30分、2階アパート部分で爆発音および停電が発生し、続く火災により残念ながらこの店も全焼した。

15台の消防車が午後8時45分ごろ現場に到着し、午後9時20分には完全に鎮火したという。2階アパート部分の電気配線がショートした可能性が高いとみて、警察と消防が詳しい原因について調査を進めている。

『Bali Post』の報道によればこの火事による負傷者はいないもよう。ただし付近には観光客が多数訪れる「Made’s Warung」ほかたくさんのレストランがあり、ディナータイムでありながら一時閉店を余儀なくされるなど、被害総額は日本円にして約1,500万円を超えるという。



参照および画像引用:『COCONUTS BALI』Fire destroys popular Bali boutique and upper-floor apartment in central Seminyak(Photo:Facebook/Info Badung)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
バリ島「アヤナリゾート&スパ・バリ」携帯電話の使用禁止へ プールエリアで9~17時まで!
<動画>バリ・デンパサール空港で駐機場に女の姿 乗り遅れた飛行機を追いかける!
バリ島、サンゴ礁の徹底保護へ いずれダイビングが出来なくなる可能性も 
ベッカム夫妻とエルトン・ジョンとの休暇で意外なショット!他人の奥さんに何をする…!?
レオナルド・ディカプリオ、19年ぶりに映画『ザ・ビーチ』を撮影したタイの秘島「ピピ」へ

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan