「恥ずかしくて誰にも声を」コミュ障がたたったマレーシアの18歳 迷子のまま10日間

この記事をシェアする
迷子になったことを警察にも相談できなかった18歳少年
迷子になったことを警察にも相談できなかった18歳少年

冬休みを南に隣接するシンガポールで過ごし、そこで職探しをしようとしたマレーシア国籍の18歳。しかし思わぬ事態が発生し、たいした所持金もないまま10日間も街をさまよい続け、家族と現地の友人をおおいに心配させたという。保護した警察官も「呆れました」という話題がシンガポールから伝えられた。



シンガポールでこのほど、マレーシア国籍の18歳の少年がホームレスさながらの状態で保護された。現地の警察に相談したのは友人であり、犯罪に巻き込まれたのではないかと警察も緊張を高めていたなか、失踪から10日もたってからの発見であった。保護された際、少年は警察にこう話したという。

「12月26日朝、50シンガポール・ドル(日本円にして約4千円)を持って僕は近くのカフェで昼食をとりました。歩いて友人のアパートに戻ろうとしたけれど、皆どれも同じような建物で、彼の家がわからなくなってしまったのです。」

「まずいことに、友人の家に携帯電話を置きっぱなしにして出かけていました。パスポート、そして1,500マレーシア・リンギット(日本円にして4万円弱)もです。」

途方に暮れた少年はそこから10日間、毎日12時間シンガポールの街をひたすら歩き回った。トイレや食事はカフェやショッピングモールを利用し、夜はアパートの外で寝た。粗食を続けたが8日間で所持金は使い果たしてしまい、その後は物乞いすらしていたという。

「しかし何か方法はあっただろう。誰かに携帯電話を借りるとか、近くの人に尋ねるとか、アパートの管理者とか警察署の場所を教えてもらえばよかったのに」と警察官に言われると、少年は「恥ずかしくて誰にも声をかけられなかった。人から携帯電話を借りるのもイヤだった」と話した。脱水症状と空腹に耐えきれず、ある時から必死に物乞いをするようになったという少年。しかし6~7人に声をかけただけであった。

『Sin Chew Daily』によれば、自分自身が極度の引っ込み思案、人見知り、恥ずかしがりであることを痛感したのか、少年は職探しも諦めて今はマレーシアで過ごしているもよう。「シンガポールにはもう2度と行かない」と言っているそうだ。

マレーシアの法律上の「成人年齢」や飲酒と喫煙が許されるのが18歳であるため、本来は男性と表現するべきなのだろうが、敢えてここでは少年とさせていただいた。無事でいるのか、今どこで何をしているのかと両親や友人がどれほど心配しているか、それがわかるなら18歳にもなって「僕は極度の人見知り」などと言っている場合ではなかったはずだ。



参照および画像引用:『SAYS』Malaysian Teen Went ‘Missing’ For 10 Days In SG Because He Was Too Shy To Ask For Help (Image via Sin Chew Daily)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジェニロペ元夫の父「ブサイクな息子よ、頑張れ」と励ます極悪育児法で成功
アンジェリーナ・ジョリー育児を語る 「反骨心のある人になってほしい」
<米>キカナイ娘に手を焼く親が大絶賛した動画 言ってわからないならこうするしかない!?
<英>男性、交際相手のDVで死亡 「恥ずかしがらず男性もDV被害を名乗り出て」と遺族
マドンナも「ベッカム家の子は素晴らしい」 ヴィクトリア流 “子育ての極意”とは

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする