<動画>キアヌ・リーブス、“式を挙げた”ウィノナ・ライダーに「夫」と呼ばれることも

この記事をシェアする
キアヌ(左端)が爆弾発言。
キアヌ(左端)が爆弾発言。

このほど1992年の映画『ドラキュラ』でウィノナ・ライダー(47)と共演した人気俳優キアヌ・リーブス(54)が、「ウィノナからテキストメッセージで“husband(夫)”と呼ばれる事がある」と明かした。実際にふたりには、“結婚した経験”があるのだそうだ。



このほどキアヌ・リーブスが『The Talk』にてウィノナ・ライダーにつき話し、そこでこう述べた。

「時々、こんな風に書かれているテキストメッセージが届くんです。『Hello, husband』って。」

私生活でも親しいふたりなのだが、過去にウィノナは映画『ドラキュラ』での挙式シーン撮影を回顧。メディアにこのように語り話題になっていたのだ。

「神様に誓って言うわ。私とキアヌは結婚しているのよ。」

「フランシス・フォード・コッポラ監督が、(式の)シーンを撮影するために、本物のルーマニアの司祭に来てもらったのよ。」

「だから、キアヌと私は結婚しているんだと思うわ。」

ちなみにこの件についてはコッポラ監督も事実であると認めており、「本物の挙式の形で撮影したらさぞ美しいと考え、司祭を呼んだ」と明かしている。

「そう、(LAで撮った)あのシーンが済んだ後に、みんな気付いたんだ。あのシーンと式ゆえに、キアヌとウィノナが結婚しちゃったんだとね。」

ちなみにウィノナにはキアヌではない恋人もおり、キアヌと法的な婚姻関係にあるわけではない。またこの映画用にかかれたアニー・レノックスの楽曲『Love Song for a Vampire』も、非常に評判が良かった。ぜひ、お楽しみいただけたらと思う。



動画:Annie Lennox『YouTube』Love Song For A Vampire

参照:『Us Weekly』Keanu Reeves Says Winona Ryder Calls Him ‘Husband’ Since They Were Married by a Real Priest in ‘Dracula’

画像:『Facebook』Bram Stoker’s Dracula

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『ホワイトハウス・ダウン』 ~ 娘を救おうと命がけで闘うパパの壮絶な戦い
『私の中のあなた』 ― 家族の重病に悩むファミリー それぞれの深い愛に涙
『スプラッシュ(Splash)』 ~人間と美しい人魚の運命の恋~トム・ハンクスの名演技に涙と拍手!
息子のために奔走した父の愛を見事に描いた映画『幸せのちから』(原題:The Pursuit of Happyness)
大ヒット映画の意味をファンが解釈 映画『タイタニック』の奇妙な噂2選

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan




“>Page Six』Marc Anthony’s ex-maid suing for $500K in unpaid wages

画像:『Instagram』marcanthony

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】





★インスタグラム始めました!@etcetera_japan