ジョニー・デップ 「不当解雇された」「未払い賃金もある」等と訴えた元ボディガード2名と決着

この記事をシェアする
ジョニー、ボディガードに色々な仕事を押し付けた? 
ジョニー、ボディガードに色々な仕事を押し付けた? 

“上の立場”にあると、ついつい部下の仕事内容を忘れてしまうもの…? ボディガードらに本来の業務以外にも様々な仕事をさせていたとされるジョニー・デップが、不当解雇、残業代などの賃金未払い、安全配慮を怠ったこと等を理由に訴えられていたのだが、話し合いがようやくまとまったようだ。



ジョニー・デップに対し訴訟を起こしていたのは、彼のもとで働いていた元ボディガード2名。『E!News』が入手したという裁判所の記録には、「条件付きの和解に至った」と記載されているという。それがどのような条件なのか、またジョニー側が示談金を支払ったのかなど詳細は不明だが、今後公聴会が開かれる予定などは全てキャンセルになったというから、ボディガードらが納得いく形で話し合いが終わった可能性が高そうだ。

ちなみに元ボディガードらが訴訟を起こしたのは2018年。いくつも法に触れる行為があったと主張し、その中には以下の点も含まれていたという。

■ 賃金未払い
■ 残業
■ 不当解雇
■ 不当な業務

このボディガード達は、「危険な職場環境に晒された」「子守りまでさせられた」「ジョニーとジョニーの子ども達、そして取り巻きらのおかかえ運転手としても働かされた」と主張していた。

このような事例は業種が違えどよくある事で、筆者も陰湿な事例をいくつか知っている。ただジョニーの場合、人柄が悪いわけではないもよう。当初より同ボディガードらは「本人に対し憎々しい気持ちはない」と断言していたのだが、よほど我慢しがたい労働環境だったようだ。こういう上司の多くが実際には提訴する側に心底恨まれていることを考えれば、ジョニーはまだマシ。一般的な会社のパワハラ上司と違い桁外れに大成功しているジョニーゆえに、“線引き”をうっかり間違えてしまった可能性もありそうだ。今回のボディガードらの主張が事実ならば、ジョニーがしっかりと反省し、同じ過ちを繰り返さないことを願うばかりである。



参照:『E!News』Johnny Depp Quietly Settles Lawsuit With Former Bodyguards

画像:『Facebook』Transcendence

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップ、驚くほど美しく成長
ジョニー・デップ 元妻アンバー・ハードへのDV説を否定「そんな男じゃねえ」
サラ・ジェシカ・パーカー宝石店に訴えられ逆提訴 「いつでも使って」に騙された…!?
セレブ達の傲慢伝説 ナオミ・キャンベルは暴行連発、コートニー・ラブはパワハラも
スタッフに訴えられた! 「こんな愚か者とは!」と叩かれたセレブ達3選

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする