バーバーリー広告に「気味悪い」と評価さんざん 正直者の中国人たち 

この記事をシェアする
不愛想な家族写真に「気味が悪い」と中国人バッサリ
不愛想な家族写真に「気味が悪い」と中国人バッサリ

アパレル界における世界のトップブランドにとり、いまや最高の顧客は中国人。彼らを意識しないマーケッティングなどあり得ない、ご機嫌取りに必死といった印象もある。一方で中国の人々は物事を正直に批評する国民であり、いちいちネチズンが反応するため良い話も悪い話もすぐに炎上している。例えばこのバーバリーの広告。これだけは残念ながら彼らの国民性にはマッチしなかったようだ。



イギリスのBurberryが今月3日、中国の顧客をおおいに意識してTwitterに放った広告。不愛想あるいはアンニュイな雰囲気を湛えているモデルの表情はバーバリーに限ったものではなく、この業界では長いこと違和感なく受け止められてきた。しかし中国人たちは微博(ウェイボー/weibo)で、それを「気味が悪い」とバッサリ。家族を大事にし、美味しいものをたっぷりと食べ、豪快に笑って生きよう ― そんな彼らの国民性とはどこか合わないようだ。

ファッションは中国人受けする赤を基調に正統派のバーバリーらしいもので、中国の人気女優である趙薇(ヴィッキー・チャオ)と周冬雨(チョウ・ドンユィ)を登場させる力の入れようであっただけに、広告としての出来栄えが不評とは、あまりにも心外な展開であったに違いない。

「とても素敵!」「きれいな広告」とこの広告を高く評価する者も大勢いるが、気味が悪いという意見が目立つはちょっと問題である。「こんな愛想のない家族写真なんて見たことがない」「笑顔もなく冷たい感じが奇妙」「遺産目当てにこのおばあちゃんの殺害計画でも練っているかのようなイヤラシさを感じる」など理由は様々であるようだ。

おばあちゃんの殺害計画でも…と話題に
おばあちゃんの殺害計画でも…と話題に

ちなみに、「これは趙薇が出演するホラー映画の宣伝ってことですか?」という質問が特に注目を集めているという。



参照および画像引用:『shanghaiist』Netizens creeped out by Burberry’s new Chinese New Year ad campaign

画像:『Twitter』Burberry

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>盲目の59歳白人男性、結婚32年の妻が黒人だったと知り腹を立て離婚請求って…!?”>
狙われる「香港在住」の女性、見知らぬ中国人男性と結婚させられる詐欺が横行
「実は白人」で物議を醸す スウェーデンで人気の褐色のインスタグラム・モデル
プラダ(PRADA)が黒人蔑視キャラクター販売につき謝罪 先にはD&Gが中国蔑視動画で騒動
シンディ・クロフォード自慢のモデル息子、飲酒運転で逮捕される

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan