<米>入所型介護施設で10年間寝たきりの女性が妊娠・出産 介護スタッフのDNA鑑定を求める声

この記事をシェアする
地域の信頼を集めていたはずの介護施設で…
地域の信頼を集めていたはずの介護施設で…

介護施設においてまれに起きている、女性入所者に対する性的暴行事件。これは日本に限ったことではない。米アリゾナ州では10年も昏睡状態にある女性が何者かにより妊娠させられ、昨年29日に男児を出産したことから波紋を広げている。



事件が起きたのはアリゾナ州フェニックスにある「ハシエンダ・ヘルス・ケア(Hacienda Health Care)」という施設で、妊娠・出産した女性は水難事故により植物人間の状態が10年間続いていた。出産後も意識はないままだという。自らの意思で性的交渉があったとは到底考えられないことから、アリゾナ州警察は5日、何者かによる性的暴行が強く疑われるとして捜査がすでに始まっていることを発表した。

>>>最新情報:DNA検査クロも男の元看護師は無罪主張 米・介護施設で寝たきりの若い女性入所者が妊娠・出産した事件

ただし施設側は地元メディア『KPHO-TV』の取材に対し、「その女性が妊娠しているとは誰も気づかなかった」と述べており、女性が叫ぶあるいは呻くような声を出す様子に気づき、診察したところそれが激しい陣痛であることを知ったとしている。

>>>【続報】米・介護施設で10年寝たきりの女性入所者が妊娠・出産した事件 男の看護師を逮捕

この事件を受けて地元の保健当局は『KNXV-TV』に、介護施設としての安全性や入居者の身の安全を確保する努力をし、女性入居者の介護に男性スタッフが単独であたることがないようハシエンダ・ヘルス・ケアに対して改めて通告したことを話している。自供する者が出ない場合は施設内の男性介護スタッフ、あるいは施設や女性の部屋に出入りすることが出来た男性のすべてについて、赤ちゃんとDNAの照合を行うよう求める声も上がっているという。



参照:『NEWS BEEZER』Rape investigation after the woman had born a coma – NRK Urix – Foreign News and Documentaries

画像:『Hacienda』Hacienda-A community of care

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<イタリア>いたずらを受けた娘が自殺で父の恨み消えず 小児性愛者、出所とともに射殺される
俳優ケヴィン・スペイシー醜聞また一つ マッサージ師に性的行為で訴えられる
C・ロナウドの「子だくさんで幸せ」インスタ写真 モチベーションは幸福度がカギ?
メラニア夫人激震? トランプ大統領の元浮気相手が「息子の写真も見せてもらった」
ショーン・ペンが#MeToo運動に言及 「多くの被害者が名乗り出たものの…」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan