キム・カーダシアンのインスタ写真に苦笑 ほうれい線と瞼の下のたるみが気になり出した…!?

この記事をシェアする
ほうれい線や瞼の下のたるみが気になりだした…!?
ほうれい線や瞼の下のたるみが気になりだした…!?

キム・カーダシアンは現在38。紫外線の強いロサンゼルスで暮らしてきたこともあるが、年齢的にも皮膚のたるみや小ジワを警戒し始めてもおかしくない。キムといえば、コスメの光と影の効果で顔を立体的に見せたり小顔に見せたりする、「コントゥアリング」の第一人者。今、彼女が特に注力しているのがほうれい線をどう目立たせなくするか、であるようだ。



キムがプロデュースした人気のコスメライン「KKW Beauty」の、 “CRÈME CONTOUR & HIGHLIGHT KIT”という日本円にして5千円ちょっとする商品。これを手にしたキムは、自らモデルとなって使用方法を指南するべく写真をインスタグラムに投稿した。ほうれい線や瞼の下にスーッと引かれたハイライトの線には男性ファンもドン引きであろう。いや、男性ファンが興味あるのは彼女の首から下か。

添えられたキャプションには“I literally can’t live without my Crème Contour and Highlight! Available at KKWBEAUTY.COM and at the #KKWBEAUTY Pop-Up in”とある。「私、もうこれがなくては生きていけないわ!」と売り込んでおり、自身もその商品に強烈に惚れ込んでいる様子だ。

ちなみにほうれい線やアゴは加齢が目に見えて出る部分である。「痩せた?」と聞かれるのは嬉しいものだが、30代後半にもなると体重が減ることで頬がこけ、口の両脇にほうれい線が現れてしまうため、「痩せた?」より「やつれた?」が近くなる。ちなみに、ハリウッド女優が美容施術や整形手術を意識し始めるのは40歳前後が圧倒的に多いそうだ。



画像:『Instagram』kimkardashian

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
知っているようで知らなかった?!カーダシアン家をおさらい! その1
<セレブ★ビフォーアフター>痩せすぎもほうれい線の原因か、アンジェリーナ・ジョリー
キム・カーダシアン過激で強烈なインスタ写真 これで3人の子の母親?
キム・カーダシアンもヴィクトリア・ベッカムも オモシロ写真でファンサービス
ドリュー・バリモア、化粧の威力を証明 男性のメイク愛用者も増加傾向 

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする