PLL女優シェイ・ミッチェル、流産の苦しみをインスタグラムに綴る

この記事をシェアする
姪を可愛がるシェイ・ミッチェル、自身の流産を報告
姪を可愛がるシェイ・ミッチェル、自身の流産を報告

2010年から2017年まで続いた大人気サスペンス・ドラマ、『プリティー・リトル・ライアーズ(以下PLL)』に“エミリー”役で出演していたシェイ・ミッチェル(31)。フィリピンの血が混じるエキゾチックな美しさとゴージャスなファッションセンスで、Instagramのフォロワー数はPLL女優としてもダントツの2,170万を誇る。そんなシェイが自身に関する悲しいニュースをインスタグラムで告白し、波紋を広げてしまった。



PLLではクールな同性愛者を演じていたシェイだが、本人はストレートでちゃんと恋人がいる。今の交際相手はTV番組のホストやレポーターを務めるマット・バベルさんという男性だが、彼とはかつて交際していたライアン・シルバースタインを通じて知り合ったそうだ。

そんなシェイが1日、インスタグラムに黒地に白い文字で長く、かつ感傷的な文章を綴りファンを驚かせた。2018年に流産を経験してとても苦しんだことを、当時に病院からもらった胎内の超音波写真とともに告白したもので、写真には割れたハートのマークがシンプルに添えられていた。

しかしその頃のシェイにとり大きな励みとなっていたのは、実はインスタグラムのフォロワーたちとの他愛もない楽しいやりとりであったとのこと。シェイを応援するフォロワーたちの言葉こそが、希望や光を見失い、ひどく落ち込んでいた彼女の心を癒してくれたそうだ。シェイは新年を迎えた挨拶に添え、お互いにいたわりあう優しい心を忘れず、忍耐強く、思いやりをもって接することを心がけましょうとフォロワーに呼びかけている。

昨年には小さな姪を抱っこしている写真をインスタグラムにたびたび投稿し、「可愛くて仕方がない」「私は最高に幸せなおばさんだわ」と綴っていたシェイ。同じくPLL女優のトローヤン・ベリサリオも10月に女児を出産しており、そろそろ自分も誰かとファミリーを築きたい ― そんな思いを強めていたなかでの流産であれば、シェイの心の葛藤はただではなかったものと思われる。シェイにとって2019年が素晴らしい1年となりますように…!



参照および画像引用:『ET』Shay Mitchell Reveals She Suffered a Miscarriage in Emotional New Year’s Note

画像:『Instagram』shaymitchell

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『プリティ・リトル・ライアーズ 』のあの女優が変わった…インスタ写真に驚きの声
プリティ・リトル・ライアーズ人気女優、美しいバスタブ妊婦ショットを公開
超貧乳でも堂々とが大事 『プリティ・リトル・ライアーズ』ルーシー・ヘイルが大胆写真/a>
アシュレイ・ベンソン超大胆写真 「親友」と呼ぶ恋人にヒモを引かせるビキニ写真
オバマ前大統領の妻ミシェル夫人 流産を経て「娘は体外受精で授かった」と公表

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan