マーク・ハミル レイア姫こと故キャリー・フィッシャーを改めて追悼

この記事をシェアする
マーク・ハミルが公開した絵。
マーク・ハミルが公開した絵。

早いもので、『スター・ウォーズ』シリーズでレイア姫を演じた女優キャリー・フィッシャーの急逝から2年が経過した。60歳での彼女の死に世界中のファンがショックを受け涙したが、彼女と非常に親しかったマーク・ハミル(67)が受けたショックも大きかったようだ。



このほどマーク・ハミルがこの絵をインスタグラムなどにアップし、こう書き込んだ。

「今日、世界中が(キャリー・フィッシャーを想い)愛情で溢れんばかりの状態だ。僕には分かるよ。どんなに彼女が感激し、圧倒されるかね。だから僕もすごく嬉しいんだ。」

またマークは2017年3月に以下の写真を同じくインスタグラムに公開。よく一緒に笑い合ったというキャリーとの写真に、「君はこう言っていたよね。僕が先に死んだら、僕の葬儀でやじりまくるって。ものすごく面白い子だった - 僕には分かるんだ。彼女は今日、みんなに笑っていてほしいと望んでいるんだって」と書き添えた。

相性がとても良かったキャリーとマーク。
相性がとても良かったキャリーとマーク。

キャリーが死去したのは、2016年12月のこと。機内で意識を失った彼女は着陸後にすぐさま病院に搬送され「安定している」といった情報もあったのだが、機内での様子を見た人が「すでに亡くなっているように見えた」というほど重篤な状態で、治療の甲斐なくこの世を去った。多くのファンがその後にライトセーバーを持ち集結、涙ながらに空に光を向けキャリーの冥福を祈った。私生活では(この絵からも想像できるように)豪快で愉快、そしてとても情に厚いタイプだったとのこと。映画で演じたレイア姫は美しく聡明、そして勇敢で優しかった。



参照および画像引用:『Instagram』hamillhimself

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
スポンジ・ボブのクリエーター、57歳で死去 業界に激震
「America’s Next Top Model」元出場者 乳がん宣告から2か月で死去
『大草原の小さな家』“オルソン夫人”93歳で死去 “ローラ”も追悼
“ウルヴァリン”ヒュー・ジャックマンも沈痛 アメコミ界巨匠スタン・リー氏が死去
マック・ミラー26歳で死去 元恋人アリアナ・グランデのショック大きく

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan