「ピートに近寄らないであげて!」 有名専門家が元婚約者アリアナ・グランデに忠告

この記事をシェアする
熱々だった頃のふたり。
熱々だった頃のふたり。

「精神疾患を武器になんてしないで」 - カニエ・ウェストとのTwitter上でのやり取りでこんな書き込みをしたというアリアナ・グランデ。その後にそのツイートは削除したアリアナだが、精神疾患を患いそれを公表してきた元婚約者のピート・デヴィッドソンは大ショック。自殺を考えているかのようなメッセージをインスタグラムにアップし、ファンや関係者、そして当然アリアナのことも、ひどく慌てさせてしまった。



もうこの地球上にはいたくない。君達のために踏みとどまろうと頑張ってはいるんだ。でもあとどれくらい自分が(このような状態のまま)もつのかもう分からない。僕は人助けがしたかっただけ。僕がそう言ったことを覚えておいて。」

そのようなメッセージをピート・デヴィッドソンがインスタグラムにアップしたことで、多くのファンが「死のうとしている」と確信。うち多数が通報に至り、警官がピートの無事を確認しにいく騒動に発展したのは数日前のことだ。アリアナは「自分のせいで…」とずいぶん反省し、精神疾患に関するツイートは削除。その後にピートの仕事場にも駆けつけたというが、セキュリティスタッフに追い払われたと報じられた。

ピートに会いに行ったものの…。
ピートに会いに行ったものの…。

その件に絡め、『Strictly Dr. Drew』などでお馴染みのDr. Drewがピートの深い苦悩に言及、『TMZ』の取材に応じ以下のように語ったという。

「愛とサポートを示そうとするアリアナは優しいのです。しかし彼女は、彼から離れていなくては。」

「彼が失ったものは大きかったのです。でも彼は乗り越えなくちゃならない - なのに彼女に会えばまた気持ちが揺れてしまいます。心に抱いていた夢が蘇り、和解も考えるでしょう。良くないことです。今の彼は、アリアナから離れていなくてはなりません。」

Dr. Drewによると、ピートには「癒えるべくスペースが必要」とのこと。多くのファンを敵に回してもアリアナに求婚し幸せだった彼は、突然の婚約解消で精神的にボロボロに。一方のアリアナはピートの亡父のため捧げたタトゥーをピートではない元恋人(故マック・ミラー)の愛犬の名で覆い隠すなどし、それも彼を傷つけたことはおそらく間違いない。

アリアナにもアリアナなりの理由があって婚約解消を決めたのだろうが、ピートが受けた精神的ダメージはあまりにも大きかったようだ。



参照:
TMZ』Dr. Drew Says Pete Davidson Must Avoid Ariana Grande Because His Life Depends on It
METRO』Dr Drew warns Ariana Grande to ‘stay away’ from Pete Davidson after mental health concerns

画像:『Instagram』arianagrande

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アリアナ・グランデのツイートに深く傷ついた元婚約者ピート ようやく立ち直りへ
ピート・デヴィッドソン「生きるのがイヤになった」 アリアナのサポート表明に批判
アリアナ、ピートに捧げたタトゥーをマック・ミラーの追悼タトゥーで覆う
アリアナ&ピート・デヴィッドソン、お揃いの“破局タトゥー”?
マイケル・ラパポート「スタバ店員の方がアリアナより美人」コメントで大炎上

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan