<元外資系CAその世界を語る>Vol.24 クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

この記事をシェアする
ジュネーブのステイで牡蠣を堪能(Photo by 佐藤めぐみ)
ジュネーブのステイで牡蠣を堪能(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

何だかんだ言ってCAはやはり女社会です。私がいたエアラインではフライトごとに乗務するクルーが総入れ替えとなりますから、人間関係はとても気楽でした。でも初対面同士だからこそ、誰が働き者で誰が怠け者なのかブリーフィングではまったく見えてこない。それゆえのちょっとした気苦労も実はあったように思います。今回はそのあたりをお話したいと思います。



■フライトごとにクルーのメンバーが違う

フライトごとにクルーのメンバーが異なるとはいえ、CA同士のちょっとした衝突、ヒソヒソ話など嫌な雰囲気が漂うフライトはもちろん経験しました。そんな時に「このフライトさえ終われば、この人たちとはサヨウナラ!」 そう割り切れるのはとても気が楽でした。ブリーフィングでは感じ良さそうだと思ったクルーが妙に陰険だったり、実際に飛んでみないと“当たりはずれ”はわからないものです。

それとは逆に、機内でいつしか素晴らしいチームワークや親近感が生まれる時もあります。フライトを終えたステイ先でコックピットおよびキャビンのクルーが全員で観光や食事に出かけることもあり、そんな時は機内での面白い出来事やお客様との楽しいやりとりを披露するなど、話題は尽きることがありません。またそれぞれが渡航先の美しい写真をソーシャルメディアにたくさん投稿しているため、アカウントの情報を交換することが多々ありました。

フライト中は非常に真剣で気難しい雰囲気であったチーフパーサーが、いったん飛行機を降りるととても優しくて面白い人だったなんていう嬉しい発見もしばしばで、ベテラン勢はまさにトリビアの宝庫。世界の様々な国のお話を聞くことは本当に楽しいものでした。そのため、今回のチームはとても良い人たちばかりで最高だったぁ~などという時には、「ああ残念…もう1回このメンバーで一緒に飛びたいわね」と互いにハグしながら別れを惜しんだものです。

ロンドンのステイで意気投合したCAとアイリッシュパブへ(Photo by 佐藤めぐみ)
ロンドンのステイで意気投合したCAとアイリッシュパブへ(Photo by 佐藤めぐみ)



■ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

CAの採用、昇格、退職の循環が非常に早いのが中東エアラインCAの実情です。私がいたエアラインは今も新規路線をどんどん拡大し、新しい機材を多数購入していますからCAのリクルートもますます盛んになっているようです。私は在籍たった1年でビジネス・ファーストクラスに昇格させて頂きました。それはとても幸運なことで、先輩方は「以前は昇格するのに2~3年かかっていた」とおっしゃいます。

(次のページへ)