人物も評価される「ミス・ユニバース」 2018年の王冠を手にしたフィリピン代表の素顔とは…!?

この記事をシェアする
おめでとうございます!
おめでとうございます!

ミスU.S.A.が英語をうまく話せないアジア人候補者数名をバカにしたり、初となるトランスジェンダーの候補者が本選に進出するなど、今年も話題の多い「ミス・ユニバース2018」でした。12月17日、タイのバンコクにてついに本選が行なわれましたが、栄えある王冠を手にしたのはフィリピン代表のカトリオナ・グレーさん(24歳)です。人物の評価がモノをいうミス・ユニバース。カトリオナさんがどれほど素敵な女性なのか、かなり気になりますね。



身長178センチのカトリオナ・グレーさんはオーストラリア・ケアンズ出身で、美術と音楽を趣味とし、バークリー音楽大学で音楽理論学の修士号を最近取得したばかり。マニラのスラム街であるトンドという地区で暮らす子供たちが無料で教育を受けられるよう、あるNGO法人で活動しています。そして友人をHIVで亡くしたことを機に、カトリオナさんはHIVやAIDSに対する知識や予防の教育を広める活動を行ない、すでに感染している患者への治療や無料の血液検査を提供する活動団体にも所属しています。

スラム街の子供たちのために活動するカトリオナさん
スラム街の子供たちのために活動するカトリオナさん

かなり献身的に慈善活動を行っているカトリオナさんですが、普段はオーストラリアに住むフィリピン人向けのテレビ番組の司会者、モデル、そして歌手としても活躍しているようです。ミス・ユニバース2018で優勝したことをインスタグラムにて報告したカトリオナさんは、そのキャプションにこう綴っていました。

(次のページへ)