ピート・デヴィッドソン「生きるのがイヤになった」 アリアナのサポート表明に批判の声も

この記事をシェアする
アリアナ・グランデに批判の声も。
アリアナ・グランデに批判の声も。

今年アリアナ・グランデとマック・ミラーの破局を機に、アリアナとの交際を開始したピート・デヴィッドソン。その翌月には婚約したものの、マックの急逝を経て10月には婚約を解消し今に至る。そのピートが、今ずいぶん参っているもよう。あるメッセージで死にたいと示唆したピートは、その直後にインスタグラムを削除している。



事の発端は、ディスソングなどを巡り対立しているカニエ・ウェストドレイクに対してアリアナ・グランデが物申したこと。アリアナはTwitterに「良い大人がネットで喧嘩しているけれど、私とマイリーは今晩美しい曲をリリースするの。だから数時間大人しくしてくれないかしら? 私達が輝けるようにね」などと書き込み、それに対し精神的に不安定とされるカニエがこうツイートを返しているのだ。

「アリアナはクールだと思ってこういう事を言ったのは俺にも分かる。人を傷つける気はなかったこともね。」

「ただメンタルヘルスはジョークなんかじゃねえ。」

「アリアナ、俺は君が大好きだ。だけど、(関わっている人達)みんなが大丈夫な状態だと知ってからにしてくれ。自分の曲の宣伝のために、俺やこの瞬間を利用するのはな。」

こんなに熱々だったふたり。
こんなに熱々だったふたり。

これに対しアリアナは「曲の宣伝なんかしていない」「でもごめんなさい」などと返答。その一方で元婚約者で同じく精神疾患を告白済みのピート・デヴィッドソンは、「カニエは正直にメンタルヘルスにつき話せて素晴らしい」「カニエのような人が必要だな」「マジでムカムカする」などとネットに書き込み、以下のメッセージをインスタグラムにアップした後にアカウントを削除したと見られている。

「もうこの地球上にはいたくない。君達のために踏みとどまろうと頑張ってはいるんだ。でもあとどれくらい自分が(このような状態のまま)もつのかもう分からない。僕は人助けがしたかっただけ。僕がそう言ったことを覚えておいて。」



これが一時的なSNSの利用停止なのかなど詳細は判明していないが、アリアナは大変驚いたもよう。「もし何か、いえ誰かが必要なら、私はどこにもいかない。必要な人達ならいるのよね、それは分かっているの。私を必要としていないことも。でも私もここにいるから」とネットに書き込んだのだが、ファンの多くが「直接連絡すればいいじゃん」とアリアナを痛烈に批判。しかしすでにピートの電話番号などはないとアリアナは釈明していることから、連絡は完全に途絶えていたようだ。

またピートの遺書のようにも見えるメッセージをみた多くのファンが通報し、無事を確認すべく警官がピートの暮らす場に赴いたとも報じられている。自殺には至っておらず仕事も続行中とみられているが、ピートの心の傷はあまりにも大きかったようだ。なおアリアナはピートが敬愛していた亡父に捧げるタトゥーも彫ってあったのだが、その上にマック・ミラーの愛犬の名を彫り覆い隠したと報じられたばかりである。ふたりの間で何があったのかなど詳細は不明だが、ピートが早く立ち直れるよう願うばかりだ。

参照:『E!News』Pete Davidson Sends a Cry for Help: “I Really Don’t Want to Be on This Earth Anymore”

画像:『Instagram』arianagrande

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アリアナ・グランデの元恋人、死去前にピートの“嫌がらせを受けた”説はデマ
アリアナ・グランデに衝撃再び 元彼マック・ミラーの死因が断定される
アリアナ・グランデ、ピートに捧げたタトゥーをマック・ミラーの追悼タトゥーで覆う
アリアナ・グランデ ピート・デヴィッドソンへの愛を証明すべく彫ったタトゥーを隠す
ピート・デヴィッドソンのファン、「ホームレスのピートを救おう」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan