あの最低映画プロデューサー、ジェニファー・ローレンスにも手を出した? 

この記事をシェアする
ジェニファー「一度たりとも彼と寝ていない」
ジェニファー「一度たりとも彼と寝ていない」

映画界の凄腕プロデューサーとして、数々のヒット作品にかかわったハーヴェイ・ワインスタイン。しかしその裏で彼がしていたことは、トンデモないハラスメント行為の数々。映画界での成功を夢見る女優や映画関係者らを相手に性的暴行やハラスメント行為を常習的に行っていたといい、2017年頃より多くの被害者らが次々と「私もです」と被害状況を公表し始めた。そんな被害者のひとりが、「彼はジェニファー・ローレンスとも寝たと言っていた」と明かし物議を醸している。



この主張が大きく報じられ、ジェニファー・ローレンスも非常に驚いたもよう。早速『E!News』にあて、以下のような声明を出している。

「被害を受けた女性達のことを思うと、胸が張り裂けるような思いがします。」

「私につきましては、ハーヴェイ・ワインスタインとは仕事上の関係しか持ったことはありません。」

「(「私と寝た」とワインスタインが女性に語ったというのは)多くの女性達をおびき寄せようとしていたワインスタインの作戦の一例なのです。」

この女性はワインスタインおよび「ワインスタイン・カンパニー」を相手に提訴。ワインスタインにつき、以下のように話していたと主張している。

「俺はな、ジェニファー・ローレンスとも寝たんだぜ。今の彼女を見てみろよ。今やオスカー女優さ。」

この女性は、当時女優になることを夢見ていたという。



ちなみにジェニファーはこれまでも「私自身はワインスタインからいかなるハラスメント行為も受けていません」と語ってきた。真相を知るのはジェニファー、そしてワインスタインのみで、ジェニファーが「セクハラは受けていない」と言うのであれば、今さらその主張が覆る事はおそらくないだろう。

参照:『E!News』Jennifer Lawrence Denies Harvey Weinstein’s Alleged Claim That They Slept Together

画像:『Instagram』thehungergames

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「KISS」のあの人も? 「悪質なセクハラ行為を受けた」と女性が訴える
シュワルツェネッガー「度が過ぎました」とセクハラ行為を改めて謝罪
リンジー・ローハン、謝罪 セクハラ撲滅運動に絡めたコメントで物議
米メディアがまとめた「ダメ上司しか言わない事」10選 こんな人はアウト
レディー・ガガ「以前はハラスメントは日常茶飯事だった」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan