<元外資系CAその世界を語る>Vol.23 日本人CA同士の絆と結束 外出時に利用する交通機関、実は…。

この記事をシェアする
ヴェルサイユ宮殿へ。4日ほどのオフはヨーロッパ各地へ(Photo by 佐藤めぐみ)
ヴェルサイユ宮殿へ。4日ほどのオフはヨーロッパ各地へ(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

私がいたエアラインはフライトごとにクルーの顔ぶれが総入れ替えとなる上、ルームメイトはまず外国人です。そうなると友達などなかなか出来ず、中東暮らしはとても孤独なものになる ― そんな風に不安に思われませんか? ところが決してそうではないのです。同僚はもちろんですが、特に同期の日本人CAとの間にはかけがえのない友情や絆が生まれるように思います。



■日本人の同僚とはこんな風に過ごしていた

中東での休日、日本人の同僚と一緒に過ごす方法は主に2パターンあったように思います。1つめは女の子らしくお料理やお菓子を一緒に作って皆で食べたり、オシャレなカフェで集まってお茶をするパターン。2つめは飲みに出かけるパターンです。

私は断然お酒派でした(笑)。同じタイプの同期3~4人、オフが合うといつも飲みに出かけたものです。ただしイスラム教国に居酒屋なんてものはありません。唯一お酒が飲めるのは外資系の高級ホテル(インターコンチネンタル、シェラトン、Wホテルなど)のレストランやバー、クラブで、ビールはなんと1杯1500円ほどでした。

また日本人駐在員さんたちのお宅にお邪魔し、バーのカウンターかと思うようなご自慢のコレクションをご馳走になったこともありました。CAが寮にお酒を持ち込むことを禁じられているのに対し、駐在員の皆さんはお酒を購入する権利を国から買っているので、どのお宅にも色々な種類のお酒が山ほどあったように思います。

仕事の後、気の合う同期と外で飲むお酒は格別な美味しさがありました。仕事の愚痴、クルーのゴシップ・ネタ、自分達の恋愛など様々な話題に花が咲きます。どんなことでも何でも話せる仲間がいるというのは本当に素晴らしいことです。海外暮らしにおいてはさらに「助け合い」の気持ちが加わりますから、誰もが強い絆と友情で結ばれていたように思います。

あれ、ショッピングはしないの? と思われますよね。「ファッション系は日本のショップのセンスが世界一!」と多くの外国人が言ってくれますが、これは本当にその通りだと思います。私も帰国時にまとめて購入していました。



■信頼できる白タクのお兄ちゃんを1人持つ

国民が裕福で高級車とお抱え運転手を持っている国だけあり、私が住んでいたところではタクシー会社が一社しかなく、捕まえようと思ってもお客さんが乗っていることがほとんどでした。しかも夏場は気温が50度(!)まで上がるので、そんな中でタクシーに手を振り続けていたら1分で身体が参ってしまいます。

そこでよく利用したのが個人でコッソリやっている、いわゆる「白タク」でした。その運転手(男性)が信用できそうな人物で値段も良心的であれば、「次もお願いしたい」と言って連絡先のメモをもらいます。「~時に来て下さい」と予約する事も可能ですが、電話を1本入れれば大体10分程度で社員寮の下まで迎えに来てくれます。

実際には先輩CAから教わる白タクを利用することになるのですが、大事なのは初めて利用する時に「いつも利用している同僚があなたのことを薦めてくれたの」「この予約はその同僚が取ってくれたわ」などと言うことです。そして気に入った場合、連絡先を書いたカードをもらうことになりますが、その際には「友達にもあなたのこと紹介したいから3枚ちょうだい?」と言ってみることです。

私の場合は3年間それを繰り返して危険な思いをしたことは一度もありませんでしたが、あくまでも白タクですからとにかく用心深く…。安全が保証されない上にタクシーよりも割高です。決してオススメはいたしません。

>>> Vol.24 「クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?」に続きます >>>

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



<目 次>

Vol.1 子供の頃から“スチュワーデスのお姉さん”になりたかった私

Vol.2 こんな皆さんに読んで頂きたいです!

Vol.3 なぜ米国のエアラインを選ばず、中東のエアラインに狙いを定めたのか

Vol.4 地獄の訓練

Vol.5 初めての乗務 泣いて笑って

Vol.6 お客様も色々な方が…王族の乗務、そして男性客のセクハラ

Vol.7 クレームはやっぱり怖い

Vol.8 ロングフライト中のクルー交代制度

Vol.9 整容検査(グルーミングチェック)は厳しい 美容整形はOK?

Vol.10 CAは美の競い合いの世界 人気のコスメはやっぱり…

Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち

Vol.12 緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング

Vol.13 緊張感みなぎる空の仕事 ファーストエイド=救命救急

Vol.14 緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル

Vol.15 CAの仕事は危険と健康不安がつきもの

Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!

Vol.17 CAになるとイイ思いをすることも多いの? 航空券ほかの優遇制度

Vol.18 大好きなアノ方たちとの極秘2ショットは私の宝物

Vol.19 若い女性だもの恋はしていたい! パイロットとの恋愛は? まさかの不倫は?

Vol.20 若い女性だもの、恋はしていたい! ゼネコンや商社の男性たちとの合コンは?

Vol.21 素晴らしい社員寮! でもインターネット環境は…!?

Vol.22 イスラム教徒の国に暮らすことの真実

Vol.23 日本人CA同士の絆と結束 外出時に利用する交通機関、実は…。

Vol.24 クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

Vol.25 クルーの出身は世界各国 やがて見えてくるそれぞれの国民性と苛立ち

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続

Vol.27 お客様から学んだこと 日本人旅行客にみるオバチャンたちのたくましさ

Vol.28 UFOに遭遇するって本当? 見た場合はどう対処するの?

Vol.29 乱気流でわかる揺れやすい席 万が一の時に安全な席

Vol.30 飛行機に乗ること自体が「とても怖い」という方へ

Vol.31 世界の危険な国々

Vol.32 雇用は3年ごとに更新。最初の3年を満了しただけで退職した理由

Vol.33 家族に万が一のことがあった場合は!? 緊急時に帰国は許されるのか

Vol.34 中東の二強エアラインを簡単に比較

Vol.35 CA受験合格に王道なし 学歴は?留学は?スクールは?

Vol.36 CA受験合格に王道なし 留学、そして専門学校の必要性は?

Vol.37 実際の試験はどのように行われたのか

この記事をシェアする