メーガン妃、またしてもオシャレで物議 「キャサリン妃はこんな事はなかった」 

この記事をシェアする
メーガン妃のマニキュアの色が話題に。
メーガン妃のマニキュアの色が話題に。

ロイヤル・アルバート・ホールにてこのほど「The Fashion Awards 2018」なるファッション関係の授賞式が開催され、そこにヘンリー王子の妻で現在妊娠中のメーガン妃が登場。その大胆なファッションと、“英王室では極力避けられていたオシャレ”が話題となった。



この写真をよくご覧いただくと、メーガン妃がドレスの色に近い色のマニキュアを塗っていることがわかる。間近で見ないとはっきりとは分からぬものの、これは黒、もしくは黒に近いダークカラーだと複数のメディアが報じており、この色は英王室の女性としては極めて珍しいチョイスだと伝えられた。

ちなみに英王室の女性達は薄いピンク色のマニキュアを好み、これは「エリザベス女王の好みに合わせてのこと」という話もある。女王は派手なマニキュアを嫌っており、キャサリン妃もナチュラルカラーのマニキュアがほとんど。メーガン妃もしばらくはこの伝統に従いナチュラルカラーのマニキュアを使っていたのだが、今回はまさかの黒のマニキュア - これをエリザベス女王が「上品で英王室にふさわしい」と評価しているとは考えにくい。



ちなみにキャサリン妃もペディキュアの色は明るめにすることがあるが、さすがに手もとは気にしてきた。

「ピンクのナチュラルカラーのマニキュアしかダメ!」

そんな規則はないものの“非公式なルール”とされているだけに、世間もビックリ。しかしこうやって英王室もどんどん変わっていくのだろう。伝統も当然大切なものだが、おそらく何よりも大事なのは英王室の人々の仕事がいかに充実し世の為になっているかなのである。またどんどん大胆になってきたともいわれるメーガン妃だが、このオシャレを下品と思う人は若い世代には少ないのではないだろうか。



参照:『PEOPLE』Meghan Markle Just Broke Royal Style Protocol Again — This Time with Her Nails

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ
メーガン妃、側近をまたしても失うことに 「難しいボス」という根強い噂も…
メーガン妃の父が苛立つ 「娘夫妻からは音沙汰なし」
エリザベス女王 「今はメーガン妃の服装に溜息」と英メディア
ヘンリー王子 母を亡くした6歳児を励ます「僕をごらん、君も大丈夫」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan