ヘンリー王子とメーガン妃の蝋マスクが話題に 蝋人形館にジャスティンやレイア姫も

この記事をシェアする
ヘンリー王子とメーガン妃の蝋マスクが話題に。
ヘンリー王子とメーガン妃の蝋マスクが話題に。

人気セレブ、歴史的に有名な人々などを蝋でつくり展示している、マダム・タッソー館。その多くが非常によくできているものの、ちょっとしたズレでイメージがガラリと変わってしまうようだ。このほど今年おおいに話題をふりまいたヘンリー王子夫妻の“蝋マスク”もお披露目となり、多くの人々がある意味驚いた。また同蝋人形館がインスタグラムで公開しているジャスティン・ビーバー、ヴィン・ディーゼルなどの蝋人形も併せてご紹介したい。



このほどヘンリー王子とメーガン妃が、そろってドイツのクリスマスマーケットに出没…と思いきや、なんと独ベルリンのマダム・タッソー館が用意した蝋マスクをかぶった別人であると即判明。メーガン妃のマスクについては「デミ・ムーアか!」という声が、またヘンリー王子のマスクについては「怖いとしか言いようがない」という声が多くあがった。マスクゆえに当然まばたきは一切せず、体に対し顔が大きすぎるという難点も。しかし制作者側は、「誰がかぶっても輪郭が変わらぬように」「本物に限りなく近づくように」と一生懸命につくったに違いない。



ちなみに同蝋人形館が公開しているジャスティン・ビーバー人形の写真がこちら。

パンツの見せ方にもこだわったつくりに。
パンツの見せ方にもこだわったつくりに。

きょとんとした表情が、何とも印象的だ。そして、こちらは『ワイルド・スピード』シリーズで知られるヴィン・ディーゼルの蝋人形である。

さらに正義感が強そう…? 
さらに正義感が強そう…? 

あたかも出家したお坊さんのような高潔な印象がある。そしてこちらは、『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫こと故キャリー・フィッシャーの蝋人形だ。

レイア姫…。
レイア姫…。

確かに似ているのだが、「今晩のおかず、何にしようかしら」という表情に見えなくもない。横にいる女の子が持っているヨーダ人形、そして背後のチャウチャウ犬風のチューバッカは気にしないでいただきたい。



本物に忠実につくるのは、想像もできぬほど大変な作業であるに違いない。表情があり動くロボットタイプのものであれば印象もより本物に近付くのだろうが、それにしてもおしい!

参照:『TMZ』Prince Harry, Meghan Markle’s Creepy, Inaccurate Madame Tussauds Wax Masks Unveiled

画像:『Instagram』tussaudsberlin

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<セレブ★激似でSHOW>ビヨンセにソックリの美女に業界激震
<セレブ★激似でSHOW>ジェニファー・ロペスにソックリな女性がいた!しかし服を脱ぐと…
<セレブ★激似でSHOW>ブラピ、加齢においてもロバート・レッドフォードにそっくり
<セレブ★激似でSHOW>クローン? “若き日のレオナルド・ディカプリオ”と呼ばれるモデル
<セレブ★激似でSHOW>セレーナ・ゴメスにソックリな美女にファン騒然

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan