<洋楽マニア>美酒を片手にどうぞ デュエットで聴く美しいボサノバ&ジャズ

この記事をシェアする
ラテンの音楽って本当にいいですね!(Photo by 朝比奈)
ラテンの音楽って本当にいいですね!(Photo by 朝比奈)

前回、女性ジャズ・ボーカリストでボサノバでも大活躍というアメリカのアーティスト、ジェーン・モンハイト(Jane Monheit)さんについてご紹介しました。ひたすら美しいメロディを美しく、そしてセンチメンタルに歌い上げる方です。ものすごく美人なのに、独りで歌わせるなんてあまりにももったいない……!? そう、彼女はやっぱりラテンの大御所や世界的に有名な歌手と一緒に仕事をしているんです。今回は男女のデュエットで聴く美しいボサノバ&ジャズをテーマにお届けします。



ジェーン・モンハイトの妙に艶めいた女性らしさは多くの男性歌手を魅了しているとみえ、デュエットのオファーも多々あるようですね。そして実にイイ味を出しています。考えてみれば情熱的な愛を歌うことが多いせいか、ラテン音楽は男女のデュエットが本当に多いです。

今回は筆者の独断でオススメしたいラテン界の有名アーティストによるデュエット曲を3本お届けしてまいります。中心となるのは70代になりブラジリアン・ジャズ界の大御所といった貫録のある男性アーティスト、イヴァン・リンス(Ivan Lins)です。

最初の曲は彼とモンハイトのデュエットとなる『Rio de Maio』。続いてはやはりとても美しい女性歌手アマンダ・ブレッカーとのデュエットとなる『Lembra de Mim』。そして最後はイヴァン・リンスがブラジルのベテラン女性歌手ヴァンダ・サー(Wanda Sá)と贈る『Plus Fort Que Nous』です。

■ Rio de Maio

動画:Cubebossanova『YouTube』Jane Monheit & Ivan Lins “Rio de Maio”

■ Lembra de Mim

動画:cubebossanova『YouTube』Amanda Brecker & Ivan Lins – “Lembra de Mim”

■ Plus Fort Que Nous

動画:Cubebossanova『YouTube』Ivan Lins & Wanda Sá – “Plus Fort Que Nous”

いかがでしたでしょうか。哀愁を帯びたラテン・ジャズの男女アーティストによるデュエット曲、本当に素敵ですよね。次回は思い切って、懐かしのソフトロックに路線を転じてみたいと思います。どうぞお楽しみに…!

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>ワイン片手に聴きたい甘美なボサノバ&ジャズ 一押しはジェーン・モンハイト
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 イリアーヌ・イリアス『Call Me』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ジョージ・ベンソン『Turn Out The Lamplight』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ダイアナ・クラール癒しの曲3傑
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ネイザン・イースト『I Can Let Go Now』

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする